もんべつ流氷まつり2024の内容は?日程や場所、アクセスも紹介!

スポンサーリンク
もんべつ流氷まつり2024の内容は?日程や場所、アクセスも紹介! イベント

北海道の冬の魅力を象徴するもんべつ流氷まつりが、

2024年2月10日から12日にかけて紋別市海洋公園で開催されます。

この祭りは、寒さを逆手に取った魅惑的なイベントで、

メインの氷像「ノートルダム大聖堂」をはじめ、

多彩なアトラクションが訪れる人々を待ち受けています。

夜になると氷像がライトアップされ、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

ここでは、2024年の流氷まつりの日程、開催場所、アクセス方法など、

知りたい情報を詳しくご紹介します。冬の北海道を訪れる際の参考にしてください。

スポンサーリンク

2024年もんべつ流氷まつりの概要

北海道の冬の風物詩である「もんべつ流氷まつり」は、2024年に第61回を迎えます。

この祭りは、毎年2月に紋別市で開催され、訪れる人々に

冬のオホーツクの魅力を存分に味わってもらうためのイベントです。

今回は、その概要と、2024年の特徴についてご紹介します。

もんべつ流氷まつりとは?

もんべつ流氷まつりは、流氷の見える紋別市で開催される、冬の祭典です。

寒さの中でも温かい地域の人々の心と、多彩なイベントが訪れる人々を暖かく迎えます。

氷像展示はもちろん、地元の食べ物や文化を楽しむことができる露店も出店し、

地域の魅力を発信しています。

2024年のもんべつ流氷まつりの特徴

2024年のメイン氷像は、フランスの「ノートルダム大聖堂」を模したものに決定しました。

天然氷を使用し、透明度にこだわった氷像は、昼間はもちろん、

夜にライトアップされると一層幻想的な美しさを放ちます。

また、人気芸人によるショーや、味覚の市(露店)も開催され、

訪れる人々に楽しい時間を提供します。

この祭りは、冬の厳しい寒さを逆手に取り、流氷の美しさや氷の芸術を通じて、

多くの人々に喜びを提供するイベントです。

2024年も、新たな思い出を作るために、ぜひ紋別市へ足を運んでみてください。

2024年もんべつ流氷まつりの日程と場所

2024年のもんべつ流氷まつりは、北海道の冬の美しさを象徴するイベントとして、

多くの人々が待ち望んでいます。

ここでは、来場を検討されている方々に向けて、開催日程と場所の詳細をお伝えします。

2024年もんべつ流氷まつりの開催日程

第61回もんべつ流氷まつりは、2024年2月10日(土)から2月12日(月・祝)まで

3日間にわたって開催されます。

この期間中、紋別市は冬の祭典で賑わい、訪れる人々に特別な体験を提供します。

イベントは、日中はもちろん夜間も様々なプログラムが予定されており、

ライトアップされた氷像を楽しむことができます1

2024年もんべつ流氷まつりの開催場所

開催場所は、北海道紋別市にある海洋公園・ガリヤ地区イベント広場です。

紋別市街地から車で約10分とアクセスしやすい場所にあり、

無料で利用できる駐車場も600台分用意されています。

イベント期間中は、会場内や駐車場、周辺道路の混雑が予想されるため、

時間に余裕を持って移動しましょう。

この美しい冬の祭典に参加することで、流氷の壮大な景色とともに、

北海道の冬を存分に楽しむことができるでしょう。

2024年もんべつ流氷まつりの内容

2024年のもんべつ流氷まつりは、その独特な冬の魅力で訪れる人々を楽しませます。

ここでは、祭りのメインとなる氷像の紹介と、

その他のイベントやアトラクションについて詳しくご紹介します。

メイン氷像「ノートルダム大聖堂」の紹介

2024年のもんべつ流氷まつりのメイン氷像は、

世界的に有名な「ノートルダム大聖堂」を模した作品です。

この氷像は、透明度の高い天然氷を使用して制作され、

細部にわたる精巧な作りが特徴です。

昼間は太陽の光を浴びてキラキラと輝き、

夜にはライトアップされて幻想的な雰囲気を演出します。

この氷像は、まるでフランスにいるかのような錯覚を覚えるほどの

迫力と美しさを持っており、訪れる人々の心に深い印象を残します。

3-2. その他のイベントとアトラクション

メイン氷像の他にも、もんべつ流氷まつりでは様々なイベントが行われます。

人気芸人によるショーや、地元の食材を使った味覚の市(露店)が設けられ、

来場者は北海道の冬の味覚を楽しむことができます。

2023年の「もんべつ流氷まつり」では、人気お笑い芸人のEXITがゲストとして登場しました。

EXITの出演は2月12日の14時から15時の間のステージイベントで、

その存在が会場を大いにわかせました。。

また、子供たちが楽しめるスノーモービル体験や、氷の滑り台などのアトラクションもあり、

家族連れには特におすすめのイベントです。

流氷を間近に感じながら、冬ならではの楽しみを体験できるのが、

もんべつ流氷まつりの魅力の一つです。

2024年のもんべつ流氷まつりは、見どころ満載のイベントとなっています。

寒い冬を暖かく彩るこの祭りに、ぜひ足を運んでみてください。

4. アクセス方法と交通情報

2024年のもんべつ流氷まつりへのアクセスは、複数の方法で可能です。

以下に、詳細なアクセス情報を紹介します。

公共交通機関を利用したアクセス

  • 札幌からのアクセス: 札幌駅前ターミナルから直行バスが運行しており、所要時間は約4時間20分、片道料金は5,270円です。紋別バスターミナルで下車後、冬季運行のバスに乗り換え、「海洋交流館」で下車するとすぐに到着します。
  • 旭川からのアクセス: 旭川駅前や永山2条19丁目から「特急オホーツク号」または「流氷紋別号」に乗車し、所要時間は約3時間、片道料金は3,410円です。
  • 本州からのアクセス: 羽田空港からオホーツク空港への直行便があり、空港から会場周辺まではバスで約12分です。

車でのアクセスと駐車情報

  • 札幌から: 高速道路利用で約272km、所要時間約3時間30分。一般道利用で約269km、所要時間約4時間30分。
  • 旭川から: 約138km、所要時間約2時間20分。
  • 網走から: 約108km、所要時間約2時間。
  • 北見から: 約92km、所要時間約1時間50分。
  • 釧路から: 約231km、所要時間約4時間10分。
  • 稚内から: 約206km、所要時間約3時間30分。
  • 函館から: 高速道路利用で約573km、所要時間約7時間3分。一般道利用で約515km、所要時間約9時間30分。
  • 駐車場情報: 600台収容可能な無料駐車場あり

冬季の北海道では、寒さが厳しいため、暖かい服装での訪問と十分な防寒対策が必要です。

また、道路状況により、所要時間が変動する可能性があるため、

事前に交通情報を確認することをお勧めします。

まとめ

「もんべつ流氷まつり2024」は、北海道紋別市で行われる、

冬の魅力が満載のイベントです。

2024年2月10日から12日の間、海洋公園・ガリヤ地区イベント広場

開催されるこの祭りでは、厳しい寒さの中、

圧巻の「ノートルダム大聖堂」を模した氷像が訪問者を迎えます。

夜にはこれらの氷像が幻想的にライトアップされ、訪れる人々に特別な体験を提供します。

加えて、様々なイベントや屋台が並び、地元の味覚も楽しむことができます。

アクセス方法には公共交通機関と車があり、札幌や旭川からの直行バスも利用可能です。

また、約600台の無料駐車場が利用できます。

この祭りは、冬の北海道を訪れる際の一大イベントであり、

訪問者には忘れられない思い出が約束されています。

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました