余市ゆき物語2023-2024: 日程は?グルメと宿泊施設も紹介します!

スポンサーリンク
余市ゆき物語の日程2023-2024: 琥珀色の夢とニッカウイスキー イベント

北海道の冬の景色を楽しむ「余市ゆき物語」「小樽ゆき物語」と共に開催されます。

昼間の太陽に照らされる雪の美しさと、

夜のイルミネーションに照らされる雪の美しさを堪能しましょう。

「余市ゆき物語」についてご紹介します。

スポンサーリンク

余市ゆき物語の魅力とは?

毎年、冬に開催される「余市ゆき物語」。

余市ゆき物語の魅力についてご紹介します。

冬の小樽・余市の風景

北海道の冬はとても寒いけれど、その分美しい景色が広がっています。

小樽や余市の景色は、雪で白く染まった静かな街や、凍った海がとてもきれいです。

毎年冬に開催される「余市ゆき物語」は、「小樽ゆき物語」との共催イベントとして、

この素敵な景色を楽しむイベントです。

昼間は、雪と太陽の光が作るキラキラした景色を楽しめて、

夜には、イルミネーションが街をカラフルに飾ります。

小樽と余市の絶景イルミネーション

このイベントで特に人気なのが、イルミネーションです。

小樽の運河には、青いライトが約10,000個つけられていて、「青の運河」として飾られます。

夕方の空がまだ少し青い時間に見ると、青いライトと空の色が合わさって、

とても幻想的な景色になります。

余市では、「琥珀色の夢」という名前のイルミネーションがあります。

これは、余市駅周辺で冬の夜をウイスキーのような琥珀色のあたたかい光で照らしてくれるもので、

見ていると心がほっこりします。

ランタンを持って歩くイベントや、スタンプを集める楽しい企画もあって、

訪れるたびに新しい発見があります。

「余市ゆき物語」は、ただの冬のイベントではなく、訪れる人たちに特別な体験を提供します。

小樽と余市の美しい冬の景色の中で、たくさんの楽しい思い出ができるはずです。

冬の北海道を訪れたら、ぜひこのイベントに行ってみてください。

きっと忘れられない思い出になりますよ。

余市ゆき物語

2023-2024イベント日程とハイライト

2023年の11月から2024年の2月にかけて行われる、

余市ゆき物語の日程と主なイベントについてです。

主要イベントと日程

2023年11月1日から2024年2月18日まで、北海道の小樽と余市で

「小樽・余市ゆき物語」が開催されます。

イルミネーションの点灯時間は16:00~22:00です。 ※2月は17:00~

この期間中、いろいろな楽しいイベントがあります。

まず、「冬のマリアージュ」「ナイト・ランタン・ウォーキング」

「重ね押しスタンプラリー」といったイベントがあります。

これらは、雪がいっぱいの街を散歩したり、特別な体験ができるものです。

特に、「ナイト・ランタン・ウォーキング」は人気で、

手にランタンを持って雪の街を歩くことができます。

SNSキャンペーンもあって、訪れた人たちが写真や体験をインターネットで共有することができます。

「青の運河」と「琥珀色の夢」の特別な魅力

「小樽・余市ゆき物語」で特にきれいなのが、「青の運河」「琥珀色の夢」というイルミネーションです。

「青の運河」は、小樽運河に青いライトが約10,000個ついていて、夜になるととてもきれいです。

特に夕方の時間は、青いライトと夕空の色が合わさって、すごく幻想的な景色になります。

「琥珀色の夢」、余市で見ることができるイルミネーションです。

このイルミネーションは、暖かい色のライトで、冬の夜をやさしく照らします。

この光は、訪れる人たちに心温まる体験を提供します。

これらのイルミネーションは、ただきれいなだけでなく、小樽と余市の冬の夜に

特別な雰囲気を作り出して、訪れる人たちに素敵な思い出を作ってくれます。

冬に北海道に行くときは、ぜひこれらのイルミネーションを見に行ってみてください。

ニッカウイスキーとの絶妙なマリアージュ

ウイスキーと冬の夜のロマンチックな組み合わせ

「余市ゆき物語」で忘れられないのが、ニッカウイスキーと冬の夜の素敵な組み合わせです。

余市は、ニッカウイスキーの生まれた町として有名です。

ここでは、雪で覆われた静かな街と、暖かいウイスキーバーが、冬の夜に特別な時間を作り出します。

寒い外の空気とは違って、ウイスキーバーの中では、心が温まるような時間が流れます。

ニッカウイスキーを飲むと、その香りと味が、冬の夜をもっとロマンチックにしてくれます。

ウイスキーを楽しむことは、ただ飲むだけではなく、

余市の冬の魅力を深く感じさせてくれる特別な体験です。

ニッカウイスキーの歴史と文化体験

ニッカウイスキーの歴史は、その創業者である竹鶴政孝の人生と深く結びついています。

竹鶴政孝は、1894年に広島県で生まれ、日本のウイスキー文化の父として知られています。

彼は、日本で初めて本格的なスコッチウイスキー製造を指揮し、

その後、自身の会社である「ニッカウヰスキー」を設立しました。

竹鶴政孝は、若い頃にスコットランドに留学し、ウイスキー製造の技術を学びました。

彼は、スコットランドのウイスキー蒸留所で実習を行い、ウイスキー製造の秘密を学び取りました。

この経験が、後に日本のウイスキー文化の礎を築くことになります。

余市にあるニッカウイスキー蒸溜所では、

竹鶴政孝の歴史ウイスキー製造の過程を学ぶことができます。

蒸溜所の見学では、ウイスキーの製造方法や、その歴史について深く知ることができ、

ウイスキーの試飲も可能です。

さまざまな種類のウイスキーを味わいながら、その違いを楽しむことができます。

ニッカウイスキー蒸溜所の見学は、ウイスキー愛好家はもちろん、

ウイスキーに詳しくない人にもおすすめの体験です。

ウイスキーの深い味わいと、その製造過程の美しさを知ることで、

ウイスキーに対する理解が深まります。

竹鶴政孝の情熱と技術が生んだニッカウイスキーは、余市ゆき物語と共に、

冬の北海道を訪れる際のハイライトの一つとなっています。

観光客におすすめのイベント(小樽ゆき物語を含む)と飲食店

「余市ゆき物語」と「小樽ゆき物語」で開催される各イベントと、

余市駅近辺のグルメ情報をお伝えします。

各イベントの解説

「余市ゆき物語」で開催されるイベントは、

訪れる人々に冬の北海道を存分に楽しむ機会を提供します。

以下は、主要なイベントの詳細です。

冬のマリアージュ (2023/11/01-2024/02/18):

  冬の美しい景色と地元の文化が融合したイベント。

  地元の食材や芸術を通じて、冬の魅力を体験できます。

ナイト・ランタン・ウォーキング (2023/11/1-2024/02/18):

  手にランタンを持ち、雪に覆われた街を散策するロマンチックな体験。

  静かな夜の街並みを楽しみながら、冬の夜の魔法に浸ることができます。

重ね押しスタンプラリー (2023/11/01-2024/02/18):

  参加者が様々なスポットを巡りながらスタンプを集めるイベント。

  集めたスタンプに応じて特別な記念品がもらえます。

ガラスアートギャラリー (2023/11/01-2024/01/31):

  地元のガラスアーティストによる作品展示。

  冬の光を反射する美しいガラス作品が展示されます。

ワイングラスタワー (2023/11/1-2024/02/18):

  ワイングラスを積み上げて作られたタワーが展示されるイベント。

  光と影の演出が美しい一風変わったアート作品です。

青の運河

これらのイベントは、小樽と余市の冬の魅力を存分に味わうためのもので、

訪れる人々に忘れられない体験を提供します。

余市周辺のおすすめ飲食店

余市駅周辺のおすすめの飲食店を3つ紹介します。

柿崎商店 海鮮工房

  • ジャンル: 海鮮、海鮮丼
  • 住所: 北海道余市郡余市町黒川町7-25
  • 交通手段: 余市駅から歩いて3分、余市駅から131m
  • 電話番号: 0135-22-3354
  • 営業時間: 10:00~18:00 (17:30 L.O)
  • 定休日: 不定休
  • 予算: 約¥1,000~¥1,999
  • 支払い方法: カード不可、電子マネー不可
  • 席・設備: 全席禁煙、駐車場あり、席が広い、カウンター席あり
  • ドリンク: 日本酒あり、ワインあり
  • 料理: 魚料理にこだわる
  • 利用シーン: 家族・子供と、知人・友人と

柿崎商店 海鮮工房は、余市駅前のオレンジ色の建物の2階に位置しており、水産会社直営のため、

新鮮でボリュームのある魚介類の丼物や定食を安く提供しています。

観光客や地元のお客様に人気のスポットです。

ファミリーすしガーデンハウス

  • ジャンル: 寿司、海鮮、海鮮丼
  • 住所: 北海道余市郡余市町黒川町12-65
  • 交通手段: JR余市駅より徒歩10分、余市駅から246m
  • 電話番号: 0135-23-8000
  • 営業時間: 11:00~21:00、ランチ11:00〜14:00
  • 定休日: 水曜定休日
  • 予算: 約¥2,000~¥2,999
  • 支払い方法: カード不可、電子マネー不可
  • 席・設備: 席数44席(カウンター14、座敷7テーブル(30人程))、全席喫煙可、駐車場あり
  • ドリンク: 日本酒あり、焼酎あり、焼酎にこだわる
  • 料理: 魚料理にこだわる
  • 利用シーン: 一人で入りやすい、知人・友人と

ガーデンハウス・ファミリー寿司は、リーズナブルな価格で

新鮮な寿司や海鮮丼を提供する人気の店です。

カジュアルな雰囲気で、家族や友人との食事に最適な場所となっています。

ニッカ会館レストラン 樽

  • ジャンル: 食堂、日本料理、ヨーロッパ料理
  • 住所: 北海道余市郡余市町黒川町7-6 ニッカウヰスキー 余市蒸留所 ニッカ会館 1F
  • 交通手段: JR余市駅より、ニッカウヰスキー余市蒸留所正門まで徒歩5分、さらに敷地内を5分ほどの徒歩でニッカ会館。
  • 営業時間: 10:30~15:50、ラストオーダー 15:20
  • 定休日: 年末年始 12/25~1/7
  • 予算: ¥1,000~¥1,999
  • 支払い方法: カード可(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)、電子マネー可(交通系電子マネー(Suicaなど)、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPay)
  • 席・設備: 席数20席(テーブル席20席)、全席禁煙、駐車場あり、落ち着いた空間、席が広い、バリアフリー、車椅子で入店可

ニッカ会館レストラン 樽は、ニッカウヰスキー余市蒸留所内に位置しており、

ウイスキーの試飲と合わせて、北海道ならではの料理やリタ夫人にちなんだ

イギリスのパイなどが楽しめるレストランでした。

現在は閉店しているため、訪問を計画している方は他の飲食店を検討する必要があります。

アクセス情報と宿泊施設

余市ゆき物語は余市駅から徒歩で行ける範囲にあるため、JRで行くのがおすすめです。

近くに駐車場があるので車でも行けます。

ウイスキーを飲んでのんびり楽しみたい方には宿泊施設をご紹介します。

アクセス方法と交通情報

余市ゆき物語へのアクセスには、JR余市駅が最寄りの駅となります。

JR余市駅へのアクセス方法を詳しくまとめました。

  • 新千歳空港からのアクセス:
    • JR快速エアポートで小樽駅まで移動し、乗り換えて余市駅へ。所要時間は約2時間です。
    • 車の場合は、道央・札樽・後志自動車道を経由して約1時間40分。
  • 小樽市からのアクセス:
    • JRまたは車で約30分。
  • 札幌市からのアクセス:
    • JRで約1時間。
    • 車の場合は、後志・札樽自動車道を経由して約1時間。
  • ニセコ町からのアクセス:
    • 車で約1時間10分。

余市駅からは、余市ゆき物語の会場まで徒歩での移動が可能です。

また、札幌方面から自動車でのアクセスも便利になっており、

北海道横断自動車道(小樽JCT~余市)の完成により、移動時間が短縮されています。

余市ゆき物語周辺の宿泊施設

余市駅周辺には、観光客に人気の宿泊施設がいくつかあります。

以下に、おすすめの施設を3つ紹介します。

  1. HOTEL LOOP
    • 住所: 北海道余市郡余市町黒川町4丁目123
    • 電話番号: 0135-21-7722
    • 公式ホームページ: HOTEL LOOP
    • 料金: 要問合せ
    • 特徴: ワインを楽しむホテルとして知られ、モダンでおしゃれなデザインの貸別荘。テラスでのバーベキューやバレルサウナが楽しめ、キロロスキー場やニセコスキー場へのアクセスも良好です。
  2. かくと徳島屋
    • 住所: 北海道余市郡余市町黒川町8-12
    • 電話番号: 0135-22-6369
    • 料金: 要問合せ
    • 特徴: JR余市駅から徒歩2分の距離にある料理旅館。余市の旬を感じるお料理の提供を心掛けており、ランチやお弁当、ご会食の他、余市の希少ワインとのマリアージュも楽しめます。
  3. ホテルサンアート
    • 住所: 北海道余市郡余市町大川町6-35
    • 電話番号: 0135-22-6070
    • 公式ホームページ: ホテルサンアート
    • 料金: 要問合せ
    • 特徴: 余市町唯一のビジネスホテルで、余市駅から徒歩7分の好立地。ビジネスや観光、長期滞在に適しており、飲食街やコンビニにも近い便利な場所にあります。

これらの宿泊施設は、余市ゆき物語を訪れる際の滞在に最適です。

事前に予約をすることをお勧めします。

まとめ

「余市ゆき物語」は、冬の北海道を彩る魅力的なイベントです。

イベントの開催期間は2023年11月1日から2024年2月18日まで

イルミネーションの点灯時間は16:00~22:00です。 ※2月は17:00~

このイベントでは、雪に覆われた街並みが幻想的なイルミネーション「琥珀色の夢」で照らされ、

訪れる人々に暖かな光を提供します。

また、小樽の「青の運河」も、約10,000個の青いLEDライトで夜を美しく彩ります。

余市ゆき物語の期間中は、様々なイベントが楽しめます。

ナイト・ランタン・ウォーキング重ね押しスタンプラリーなど、

冬の余市を満喫するためのアクティビティが盛りだくさんです。

特に、ニッカウイスキーとの組み合わせは、冬の夜に温かさとロマンチックな雰囲気をもたらします。

余市駅周辺には、観光客に人気の宿泊施設があり、余市ゆき物語を訪れる際の滞在に最適です。

このイベントは、冬の北海道を訪れるすべての人にとって、忘れられない思い出を作り出すでしょう。

余市ゆき物語は、ただの冬のイベントではなく、訪れる人々に特別な体験を提供する場所です。

冬の美しい景色と地元の文化が融合した、このイベントをぜひ体験してみてください。

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました