大沼函館雪と氷の祭典2024開催!イベントやアクセスや周辺ホテルもご紹介!

スポンサーリンク
大沼函館雪と氷の祭典2024開催!イベントやアクセスや周辺ホテルもご紹介します! イベント

「大沼函館雪と氷の祭典」が2024年の2月上旬に開催します。

北海道の冬の魅力がいっぱいのこの祭典に興味がお有りですか?

イベントの内容やアクセス、周辺のホテルや観光情報についてご紹介します。

スポンサーリンク

大沼函館雪と氷の祭典2024

北海道は、夏の爽やかな観光に加えて冬の魅力もいっぱいの地域です。

中でも「大沼函館雪と氷の祭典」は、冬の代表的なイベントとして多くの人々を魅了しています。

この記事では、2024年の祭典について、詳しくご紹介していきます。

この祭典の概要と魅力

「大沼函館雪と氷の祭典」は、冬の北海道を代表するイベントの一つです。

大沼国定公園で開催されるこの祭典は、地元住民はもちろん観光客にも人気のあるイベントで、特に家族連れにおすすめです。

祭典では、結氷した大沼湖から切り出した氷で作られるジャンボ滑り台や、地元の小中学生によるかわいらしい雪像函館アイスカービングクラブによる氷像などが展示されます。

これらの作品は、冬の北海道の美しさと創造性を感じさせてくれるものです​​​​​​。

2024年の開催日程と会場

2024年の「大沼函館雪と氷の祭典」は、2月10日(土)から12日(月・祝)にかけて開催されます。

2023年の場合10:00~16:00の時間で開催されていました。

会場は、北海道七飯町にある大沼公園広場で、冬の北海道の自然を満喫できる絶好のロケーションです。

大沼湖の氷を活かしたアトラクションや地元の雪像が、来場者を待っています。

また、周辺には観光スポットも多く、祭典以外にも地域の魅力も楽しむことができます​​​​​​。

アクセス方法の詳細

「大沼函館雪と氷の祭典」へのアクセス方法は様々です。

ここでは、公共交通機関と車でのアクセス方法について、詳しく説明します。

公共交通機関でのアクセス方法

公共交通機関でのアクセスは以下の通りです

JR大沼公園駅まで​

  • 札幌から
    • 時間:約3時間20分
    • 料金:片道約8,360円​
  • 函館から
    • 時間:約45分
    • 料金:片道640円​
  • 千歳空港から
    • 時間:約6時間13分
    • 料金:片道5,300円​
  • 函館空港から
    • 時間:約1時間15分~1時間48分
    • 料金:約1,240円~1,770円​

JR大沼公園駅からは徒歩で約5分です。​

車でのアクセス

車でのアクセスと駐車場情報は以下の通りです

  • 札幌から
    • 距離:約225km~291km(高速と一般道を使った場合です)
    • 時間:約3時間40分~5時間​(高速と一般道を使った場合です)
  • 函館から
    • 距離:約28km
    • 時間:約40分​
  • 千歳空港から
    • 距離:約222km~291km(高速と一般道を使った場合です)
    • 時間:約3時間30分~4時間15分​(高速と一般道を使った場合です)
  • 函館空港から
    • 距離:約33km
    • 時間:約32分​
  • 駐車場
    • 普通車:260台(イベント時別途臨時駐車場あり)
    • 大型バス:58台

見どころとイベント情報

「大沼函館雪と氷の祭典」では、さまざまな楽しい体験ができます。

ここでは、祭典内でのアクティビティと屋台のグルメ、そして周辺でのアクティビティについて詳しくご紹介します。

祭典で楽しめるアクティビティとグルメ

祭典の目玉となるアトラクションは、大沼湖の氷を使ったジャンボ滑り台です。

全長約20メートルと迫力満点で、大人も子どもも何度でも無料で滑ることができます。

小さな子ども向けのミニ滑り台もあります。

他にも雪像アイスカービングなどの雪と氷のアート作品が点在しており、

アイスコタン(小さなかまくら)テントサウナなど冬の楽しみが満載です​​。

祭典会場内には屋台も出店します。

おでんや焼き鳥などの温かいグルメが楽しめ、冬の寒さを和らげてくれます。

また、周辺のレストランでは、地元の特産品を使った料理も堪能できます​​。

周辺で体験できるアクティビティ

祭典を開催する大沼の周辺では、大沼湖での氷上わかさぎ釣りやスノーモービル、そりツアーなどのアクティビティが楽しめます。

また、大沼公園広場周辺には、15分から50分の散策路もあり、美しい駒ヶ岳のビューポイントを訪れることもできます​​​​​​。

おすすめの周辺ホテルと宿泊情報

大沼函館雪と氷の祭典周辺には、様々なホテルがあり、それぞれ独自の特徴を持っています。

以下は、いくつかのホテルの情報です。

  • ステーションホテル旭屋
    • 住所:北海道亀田郡七飯町大沼145 (JR大沼公園駅前)
    • 電話:0138-67-2654
    • 公式ホームページ:ステーションホテル旭屋
    • 料金:7,000円~
    • 特徴:JR大沼公園駅の目の前に位置し、アクセスが便利​​。
  • 函館大沼 鶴雅リゾート エプイ
    • 住所:北海道亀田郡七飯町大沼町85-9
    • 電話:0138-67-2964
    • 公式ホームページ:函館大沼 鶴雅リゾート エプイ
    • 料金:詳細は公式ホームページで確認
    • 特徴:豪華なリゾートホテルで、自然に囲まれたリラックスできる環境​​。
  • ペンション 風 KAZA
    • 住所:北海道亀田郡七飯町字大沼町215
    • 電話:0138-67-3933
    • 公式ホームページ:ペンション 風 KAZA
    • 料金:7,200円〜
    • 特徴:大沼公園駅から徒歩3分の距離にあり、アクセスが良好​​​​。

さらに函館のホテルもいくつか簡単にご紹介します。

  • HOTEL&SPA センチュリーマリーナ函館
    • 函館市内に位置し、函館空港から車で約20分、JR函館駅から徒歩5分です。料金は大人2名利用時で1人あたり10,500円からです​​。
  • JRイン函館
    • 函館駅近くにあり、大駐車場が完備されています。空港からも20分程度で到着可能です。料金は大人2名利用時で1人あたり3,900円からです​​。
  • ラビスタ函館ベイ(共立リゾート)
    • JR函館本線の函館駅下車、徒歩約15分の位置にあります。料金は大人2名利用時で1人あたり8,800円からです​​。
  • 函館湯の川温泉 海と灯/ヒューイットリゾート
    • 函館空港②のりばより熱帯植物園前下車、徒歩1分の場所にあります。料金は大人2名利用時で1人あたり11,949円からです​​。
  • 函館国際ホテル
    • 函館駅から徒歩約8分、函館空港からバスで約30分、車で約20分の位置にあります。料金は大人2名利用時で1人あたり5,400円からです​​。

以上の情報は、各ホテルの特徴を把握し、宿泊予約を行う際の参考にしてください。

大沼函館雪と氷の祭典期間中は特に混雑が予想されるため、早めの予約がおすすめです。

函館のグルメスポットと観光スポット

函館にはたくさんのグルメスポットや観光スポットがあります。

そのいくつかをご紹介します。

函館のグルメスポット

  • 滋養軒
    • 住所: 北海道函館市松風町7-12
    • 電話番号: 0138-22-2433
    • 定休日: 火曜(第2・4火曜は水曜連休)
    • 営業時間: 11:30~14:00、17:00~20:00
    • 特徴: 昭和レトロな店構えの老舗ラーメン店​​。
  • 星龍軒
    • 住所: 北海道函館市若松町7-3
    • 電話番号: 0138-22-0022
    • 定休日: 日曜日・月曜日
    • 営業時間: 11:00~17:00(麺が売り切れ次第終了)
    • 特徴: 函館駅近くの中華料理店​​。
  • うに むらかみ函館本店
    • 住所: 北海道函館市大手町22-1
    • 電話番号: 0138-26-8821
    • 定休日: 水曜日
    • 営業時間: 11月1日~4月下旬 11:00~14:30(L.O.14:00)、17:00~22:00(L.O.21:00); 4月下旬~9月30日 09:00~14:30(L.O.14:00)、17:00~22:00(L.O.21:00)
    • 特徴: 無添加の新鮮なウニを提供する海鮮丼専門店​

更に追加情報です。

  1. 呑み喰い処 紀もと
    • 住所:函館市昭和3-35-12
    • 電話番号:0138-87-6778
    • 営業時間:ランチタイム 11時30分~14時(平日のみ)、夜の部 17時30分~22時30分(L.O. 22時)
    • 定休日:月曜
    • 特徴:リーズナブルな価格で新鮮な海鮮丼が味わえる​​。
  2. 回転寿司 函館 旬花
    • 住所:函館市五稜郭町29‐18
    • 特徴:五稜郭タワーの近くにあり、鮮度抜群の寿司をリーズナブルに提供​​。
  3. 居酒屋 HAKOYA
    • 住所:函館市五稜郭町30‐10
    • 電話番号:050‐5485‐5608
    • 営業時間:11~14時、18~23時(L.O.22時30分)
    • 定休日:日曜
    • 特徴:五稜郭タワー近くで、リーズナブルな価格の美味しい海鮮丼を提供​​。
  4. まるかつ水産 柏木店
    • 住所:函館市柏木町1-35
    • 電話番号:0138‐31‐9696
    • 営業時間:11時30分~15時(L.O.14時45分)、16時30分~21時(L.O.20時30分)
    • 定休日:火曜・第2水曜
    • 特徴:旬の海鮮を提供する回転寿司店​​。
  5. 西園
    • 住所:函館市末広町19-14
    • 電話番号:0138-27-1943
    • 営業時間:11時30分~18時45分
    • 定休日:日曜
    • 特徴:リーズナブルな価格で提供される老舗の函館ラーメン​​。

函館の観光スポット


詳細情報を求めて素早く検索したところ、これが私が見つけたものです。

以下は、函館山、五稜郭タワー、函館山展望台、金森赤レンガ倉庫に関する詳細な情報です。

函館山

  • 住所: 北海道函館市函館山​
  • 電話番号: 0138-23-3105(総合案内)​
  • 営業時間: 屋上展望台は入場自由、建物内は10:00〜22:00(10月16日〜4月24日は〜21:00)​
  • 定休日: 無休(ロープウエイは整備点検運休あり)​
  • 特徴: 市街地西端に位置し、展望台から函館市内の夜景が一望できる。600種の植物が繁茂し、渡り鳥の休息地としても有名。
  • 公式ホームページ: 函館山公式サイト

●五稜郭タワー

  • 住所: 北海道函館市五稜郭町43-9​
  • 電話番号: 0138-51-4785​
  • 特徴: 2006年4月にオープンした高さ107mのタワー。90mの展望台からは特別史跡五稜郭跡と函館市街地が一望できる。
  • 公式ホームページ: 五稜郭タワー公式サイト

●金森赤レンガ倉庫

  • 住所: 北海道函館市末広町14-12​​​
  • 電話番号: 0138-27-5530​​​
  • 特徴: 明治期に建てられた倉庫群を利用したショッピング&食事スポット。金森洋物館での人気メニューは『牛肉ケレー』、『鶏肉ケレー』。
  • 公式ホームページ: 金森赤レンガ倉庫公式サイト

●函館ハリストス正教会

  • 住所: 北海道函館市元町3-13
  • アクセス情報: 市電「十字街」電停から徒歩10分
  • 電話番号: 0138-23-7387
  • 利用時間: 月~土 10:00~16:00、日 13:00~16:00
  • 休日: 12月25日午後~3月24日 ※2023年2月4日以降、聖堂でお祈りが行われる毎週土曜日17時(第2土曜日は除く)と毎週日曜日10時から参祷・見学が可能
  • 利用料金: 200円(拝観献金)
  • 駐車場: なし
  • 関連リンク: 函館ハリストス正教会​。

これらのスポットは函館市内に位置し、大沼函館雪と氷の祭典を訪れる際に訪問するのに適した観光地です。

それぞれ独特の魅力を持ち、函館を訪れた際には必見のスポットと言えるでしょう。

まとめ

2024年の「大沼函館雪と氷の祭典」は、2月10日から12日にかけて、大沼公園広場で開催されます。

この祭典は、大沼湖の氷を切り出して作るジャンボ滑り台や氷像、地元の小中学生たちが作る雪像などが特徴で、親子連れにも楽しめるイベントです​​​​​​​​。

アクセス方法に関しては、JR大沼公園駅から徒歩5分の距離にあり、函館からも公共交通機関で容易にアクセスできます。

また、周辺には様々なホテルがあり、宿泊計画も立てやすいです。

冬の北海道を満喫するには、この祭典は欠かせないイベントで、雪と氷の魅力を存分に楽しむことができます。

大沼湖での氷上アクティビティも人気で、冬ならではの楽しみを提供します。

このように「大沼函館雪と氷の祭典2024」は、雪と氷のアート、地元文化の魅力、そして冬の北海道を存分に体験できるイベントです。

家族連れはもちろん、幅広い年齢層の訪問者におすすめの祭典と言えるでしょう。

ぜひ参加して冬の北海道を楽しんで下さい。

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました