境界知能かも?大人に見られる特徴とチェック方法

スポンサーリンク
境界知能かも?大人に見られる特徴とチェック方法 気になる

日常生活の中で「なんでわたしはこんなにもうまくいかないの?」と思うことはありませんか?

仕事や人間関係の日々の小さな失敗が積もりに積もって、自分だけが周りから取り残されているように感じることがあるかもしれません。

もしかするとそれは「境界知能」という原因があるのかもしれません。

大人の境界知能は見過ごされがちですが、ちょっとした不器用さや社会生活での微妙なズレがそのサインかもしれません。

最近ニュースで聞くようになってきた「境界知能」という言葉。

ひょっとしたら「私も境界知能かも?」と考えるのは、決してあなただけではありません。

この記事では境界知能の特徴と、自分が該当するかどうかをチェックする方法についてご紹介します。

自分自身を理解する第一歩として、このチェックリストを活用してみてください。

スポンサーリンク

境界知能とは?

境界知能とは、知能指数(IQ)が平均範囲と知的障害の間に位置する状態を指します。

具体的にはIQが70以上85未満の人々を指し、統計上全体の約14パーセントがこの範囲に該当するとされています。

境界知能の定義

境界知能は、IQの分布において「平均的とされる領域」と「知的障害とされる領域」の境界に位置することを意味します。

IQ70以上85未満の状態を指し、かつては世界保健機関(WHO)によって「境界線精神遅滞」として認定されていましたが現在では知的障害とは見なされていません。

しかし、境界知能は医学的な診断名ではなく、あくまで通称です。

この範囲のIQを持つ人は普通の学校生活や日常生活を送ることができますが、特定の学習面や社会生活での困難を抱えることがあります

社会での認識と誤解

「境界知能」という用語は、まだ広く知られていません。

そのため、境界知能を持つ人々が直面する課題はしばしば周りの人に見過ごされがちです。

社会的には「障害があるとは見なされないが、平均的とも言えない」状態が誤解や偏見を生む原因となります。

この状況は教育や就職、対人関係など様々な場面で支援が必要なのに十分な理解や支援を受けられないという問題を引き起こしています​​​​。

境界知能の特徴

境界知能とは、IQが70から84の範囲にある人々のことを指します。

この知能レベルは、一般的な知的障害の定義であるIQ69以下と、平均的な知能指数である85以上の間に位置しています。

境界知能の人々は学習や社会生活において特有の困難を抱えていることがありますが、知的障害とは異なりその存在がしばしば見過ごされがちです。

学習の困難

境界知能を持つ子どもたちは学校での学習に苦労することが多いです。

特に、国語や算数など基本的な教科において理解が難しいという問題が生じます。

文字や数字の読み書きや計算が苦手で、学習内容を把握するのに時間がかかります。

これは情報処理速度が遅いことや記憶力が弱いことに起因する場合が多いです。

授業の進行速度についていくのが困難で、テストの点数が低いこともあります。

さらに、学習方法が合わないために授業に集中できなかったり、長時間座っていることができなかったりする子もいます

これらの学習の困難は、進学や就職にも影響を及ぼす可能性があります。

社会的コミュニケーションの課題

境界知能を持つ個人は、対人関係やコミュニケーションにおいても困難を抱えることが多いです。

特に、人との会話を理解したり相手の感情を察したりすることが難しいと感じることがあります。

これには、身振り手振りや表情の読み取りに苦手意識を持つことも含まれます。

境界知能の人々は集団生活でのルール理解が難しく、相手の言葉の意図を把握するのが困難であるため、対人関係において誤解を受けたりすることがあります​​​​。

このことで友人関係の構築や維持が困難になることがあり、孤立や社会的なトラブルにつながることもあります。

大人の境界知能

境界知能はIQが70以上85未満の範囲にあることを指し、知的障害とはみなされませんが日常生活や学習において適応に苦労することがあります。

日本では約14%の人々がこの範囲に該当すると推定されています。

職場での適応問題

境界知能のある方は、職場での適応に問題を抱えやすいです。

これは職務を理解し遂行する能力が他の従業員と比べて劣っていることで起こります。

境界知能を持つ人々は、指示の理解や複数のタスクを同時にこなすことや日々の作業の優先順位付けが苦手です。

さらに、作業の品質や効率が低下することもあり、これが仕事のパフォーマンスに影響を及ぼした結果として職場での彼らの地位が不安定になることがあります​​​​。

対人関係の難しさ

対人関係は境界知能を持つ大人にとってもっとも苦手な分野です。

コミュニケーションの障壁や誤解は職場内外での人間関係における摩擦の原因になります。

彼らは皮肉や冗談といった社会的ニュアンスを理解するのに苦労することが多く、これが他の人との緊張関係や誤解を招くことがあります。

必要な時だけコミュニケーションを取ろうとし、自分の感情を効果的に表現することにも苦労します。

さらに社交辞令や敬語の使用が難しく、上司や同僚とのコミュニケーションに苦労することがあります。

また、言語化するのが苦手で空気が読めない発言をしてしまうこともあるため、職場での人間関係に影響を与えることがあります。

このような状態は職場での孤立やチームワークの問題につながります​​​​。

境界知能のチェック方法

境界知能とは、IQが70以上85未満の範囲にある人の知的機能を指します。

この範囲は知的障害とは言えないものの、日常生活や学習・仕事などで適応するのに苦労することが多いとされています。

自己診断のチェックリスト

自己診断のチェックリストは、自分自身が境界知能かどうかを調べるための手段です。

以下の項目のうち、当てはまるものが多い場合は、境界知能の可能性があります。

学習面

  • 理解力や記憶力にムラがあり得意な科目と苦手な科目の差が大きい
  • 漢字や計算など特定の学習分野に苦手意識がある
  • 指示を理解するのが難しくケアレスミスが多い
  • 宿題や課題を最後までやり遂げることが難しい
  • 集中力が持続せず、すぐに飽きてしまう

生活面

  • 時間管理や計画的に行動するのが苦手
  • 身だしなみなどに無頓着で整理整頓が苦手
  • 不器用で物を壊したり落としやすい
  • お金の管理が苦手で衝動買いをしてしまう
  • 規則正しい生活を送ることが難しく夜更かしや寝坊が多い

社会面

  • 人の気持ちが理解しづらく、コミュニケーションに苦手意識がある
  • 空気が読めず、場の雰囲気に合わせるのが苦手
  • 冗談や皮肉を理解するのが難しい
  • 協調性に欠け、一人で行動することを好む
  • 友達関係を築くのが苦手で孤立しやすい

感情面

  • 感情の起伏が激しく、すぐに怒ったり落ち込んだりする
  • 些細なことでも気にしやすく、不安や心配が多い
  • 自分自身への評価が低く、自信が持てない
  • ストレスに弱く、すぐに体調を崩してしまう

上記以外にも、以下のような特徴が挙げられます。

  • 幼少期から発達障害の疑いがあった
  • 学習障害や注意欠陥多動性障害(ADHD)と診断されている
  • 家族や親族に境界知能の人がいる

専門家による診断の重要性

自己診断のチェックリストはあくまで自己評価のためのものであり、専門的な診断やアドバイスには代わりません。

自己診断の結果に不安を感じた場合は、専門の機関に相談することが重要です。

正確な評価と適切なサポートを得るためには専門家の診断を受けましょう。

専門家は個人の状況を正確に評価し、必要なサポートや介入を提供してくれます。

まとめ

この記事では境界知能について詳しく説明しており、特に大人におけるその特徴と自己チェックの方法に焦点を当てています。

  • 境界知能の定義: IQが70以上85未満の状態を指し、全体の約14%がこの範囲に該当します。医学的な診断名ではなく、通称です。
  • 学習の困難: 境界知能を持つ子どもたちは学校での学習に苦労し、情報処理速度が遅いことや記憶力が弱いことに起因する場合が多いです。
  • 社会的コミュニケーションの課題: 対人関係やコミュニケーションにおいて困難を抱え、集団生活でのルール理解が難しく、誤解を受けやすいです。
  • 自己診断のチェックリスト: 学習面、生活面、社会面、感情面における特定の困難が挙げられており、これらに多く当てはまる場合は境界知能の可能性があります。

自己診断のチェックリストに当てはまるものが多い場合は専門家の診断を受けましょう。

正確な診断と適切なサポートをしてくれるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました