流氷の予想と楽しみ方3選!オーロラ号vsガリンコ号vsウォーク!

スポンサーリンク
流氷の予想と楽しみ方3選!オーロラ号vsガリンコ号vsウォーク! 観光

北海道の冬、その魅力のひとつと言えば、美しい流氷の世界。

しかし、一体いつ接岸するか分からない流氷を、どうやってに楽しむべきか?

「流氷の予想と楽しみ方3選!オーロラ号vsガリンコ号vsウォーク!」では、

冬の北海道の最大のイベントの一つ、「流氷」を最大限に楽しむ方法をご紹介します

まず最初はオーロラ号。これはまさに流氷観光の優雅な旅。

氷を割りながら進む船上から見る雄大な流氷は、一生の思い出になることでしょう。

専門のガイドが船上から詳しく解説し、安全に楽しむことができます。

流氷鑑賞に憧れるあなたにはぴったりだと思います。

次に、ガリンコ号。これはアクティブな冒険をしたいあなたにぴったり。

大きなドリルで流氷を割りながら中に突入する、迫力ある体験ができます。

特殊な船体が凍った海を力強く進む様子は、まるで冒険映画のワンシーン。

寒さを感じながらも、北海道の雄大な大自然とふれあう旅が待っています。

そして最後に、ウォーク。これは流氷の上を歩きながら、その神秘的な美しさに触れる贅沢な体験です。

専門のガイドが同行し、安全に楽しむことができます。

流氷の上を歩くという非日常的な経験は、あなたの心に残ることでしょう。

「流氷の予想と楽しみ方3選!」では、それぞれの特徴や楽しみ方を詳しくご紹介します。

これを読めば、あなたも北海道の冬の醍醐味「流氷」を存分に楽しむことができるでしょう。

一生の思い出に残る、温かい思い出を北海道の「流氷」で作りませんか。

スポンサーリンク

オホーツク海の冬の贈り物: 流氷とは?

冬のオホーツク海の風景、「流氷」について解説します。

冬のオホーツク海、流氷の奇跡

寒い季節になると、オホーツク海にやってくる自然現象、それが「流氷」です。

北海道の東部、例えば紋別、網走、知床などで見られる流氷は、海に浮かぶ氷のかたまりで、

一般的に1月下旬から3月中旬までの期間に観察されます。

ただし、地域ごとに観測期間が異なるため、訪れる前に地元の情報を確認することが必要です。

最近では温暖化の進行により、流氷の接岸の期間が短くなっているため、

ますます正確な情報収集が必要になってきています。

流氷は北方で発生したアムール川周辺の氷が、風や海流によって日本まで運ばれるものです。

正確に予想するには、海氷情報センターや気象庁のウェブサイトで

直前まで情報収集すると良いでしょう。

オホーツク海が生みだす流氷の不思議

流氷がオホーツク海で形成されるのは、この海域が独自の海水の層構造を有しているためです。

オホーツク海の海面から50mまでは塩分濃度の薄い海水であり、

50m以下は塩分濃度の濃い海水となっています。

この特異な条件によって、オホーツク海は他の海域よりも凍りやすく、

毎年1月下旬から3月中旬ごろまで流氷を観察することができます。

春になると流氷は溶け始め、平均的には-1℃程度になります。

オホーツク海の北部では流氷の厚さが約1m、北海道付近では40〜50cm程度となります。

流氷がなくなると、やがて春の訪れとともに、この地域ならではの美しい風景が広がります。

2024年流氷の「接岸」と「見頃」の予想

毎年なかなか予測が難しい。

流氷の接岸予測について解説します。

流氷の例年の推移と見頃の時期

北海道の寒い季節、オホーツク海の流氷が進む様子を情報収集しつつ、観光計画を立てましょう。

12月下旬から3月上旬にかけて、流氷はオホーツク海を北から順に南下し、

特に2月中旬が北海道の沿岸部での見頃とされています。

北海道流氷観光2024: 予想される接岸時期

北海道は冬の訪れに、美しい流氷の魅力が広がります。

2024年の予想される接岸時期は、網走が1月22日から2月4日、紋別が1月20日から2月9日、

知床が2月19日となります。

あくまでも現時点での予想の一つですので、常に最新情報をチェックして下さい。

北海道流氷観光2024: 予想される見頃時期

1月下旬から3月中旬までが、流氷の見頃とされています。

ただし、その年の状況や風向きによっては見ることが難しい場合もあります。

現在の2024年の予想では、網走が2月上旬から中旬、紋別が2月中旬から2月下旬、

そして知床が2月下旬から3月上旬です。

計画を立てる際には柔軟性を持ってください。

直前の状況で目的地や現地での行動を変更できるようにするのが理想的です。

流氷予測サービス: 安全で楽しい観光のために”

流氷の予測サービスは流氷観光の計画を立てる上で心強い味方です。

海氷情報センター気象庁のウェブサイトを通じて、接岸時期や海氷の厚さなどの情報を確認し、

安全で楽しい流氷観光を計画しましょう。

地域の観光情報や専門機関の情報も積極的に利用しましょう。

観光サービスに予約する際に直接聞いてみるのもいいと思います。

予想される時期や地域ごとの見頃情報を確認し、流氷に会えるように頑張りましょう。

ガリンコ号で楽しむ流氷見学

流氷を楽しむために最も良い手段の一つ、「ガリンコ号」について解説します。

ガリンコ号で楽しむ北海道の冬の絶景「流氷」

北海道の冬の魅力の一つが、オホーツク海に広がる「流氷」です。

紋別市から知床半島、根室市にかけて、北風に乗って流れてくる氷の塊が海を覆います。

この自然現象は日本で唯一この地域で見ることができて、その絶景に多くの人が魅了されています。

しかし、流氷は自然現象ゆえに見ることができるかどうかは運次第。

そこで、冬の北海道で流氷を楽しむ一つの方法として注目されているのが、

「流氷砕氷船ガリンコ号」です。

流氷は接岸した後も、ちょっとした風で岸から離れて行ってしまいますが、

ガリンコ号ならば流氷を追いかけて見学することができますよ。

ガリンコ号の予約と料金

流氷を間近で楽しむためには、ガリンコ号の予約がおすすめです。

予約は通常10月から始まり、Webでの予約がお得です

2024年のガリンコ号の予約は、電話・Webともに10月4日から受け付けられます。

運航期間は2024年1月16日(火)~3月31日(金)になります。

料金は種類によって異なり、

電話予約だとガリンコ号Ⅲ(大人4,000円・小学生2,000円)

      ガリンコ号Ⅱ(大人3,000円・小学生1,500円)になり、幼児は無料です。

Web予約ではガリンコ号Ⅲ(大人3,600円・小学生1,800円)

      ガリンコ号Ⅱ(大人2,700円・小学生1,350円)になり、幼児は無料です。

乗船までの流れ

予約が完了したら、乗船までの流れを確認しておきましょう。

ガリンコ号の受付は海洋交流館ガリンコステーションで行われます。

紋別市の南端に位置し、市内中心部からはシャトルバス「ガリヤ号」でアクセスできます。

紋別空港からも無料送迎バスが運行されており、便利に利用できます。

流氷の情報とベストな見頃時期

流氷を楽しむ最大のポイントは、やはり目当ての流氷が見られるかどうかです!

流氷の様子は「海氷情報センター」海氷速報で確認できます。

特に紋別周辺では、2月上旬から2月20日頃がベストな見頃時期と予想されています。

ただし、低気圧が通過すると流氷が離れやすいため、天気予報にも注意が必要です。

ガリンコ号での楽しみ方

ガリンコ号に乗船する際の服装は防寒対策が必要です。

風が強く寒さを感じるため、手袋やカイロを準備しましょう。

氷を割るときには多少の振動がありますが、揺れは少ないです。

1時間ほどですので酔止めも必要ないと思いますが、心配ならば予め飲んでおくと良いでしょう。

船のデッキから流氷を間近で楽しむことができ、船内には避難できるスペースもあります。

乗船中には、流氷上にいる野生動物を観察することもできます。

オオワシやオジロワシ、アザラシなどが見られ、船員さんがアナウンスで教えてくれます。

冬の北海道で楽しむ「流氷砕氷船ガリンコ号」は、自然の美を存分に味わえる

魅力的なアクティビティです。

流氷の情報を把握し、ベストな時期に予約して楽しむことで、

北海道ならではの冬の風物詩を体験できます。

〒094-0031 北海道紋別市海洋公園1−番地

ガリンコ号公式サイト

お問い合わせ電話番号: 050-1743-5848

オーロラ号で楽しむ流氷見学

もう一つの流氷を楽しむために最も良い手段の一つ、「オーロラ号」について解説します。

オーロラ号の運行時間と料金

網走流氷観光砕氷船が運行する「オーロラ号」は、冬季限定の流氷観光船です。

2024年1月20日から3月14日までの期間、運航されます。

オーロラ号の運航時刻は1月は9:00、11:00、13:00、15:00の4便

2月1日から3月14日までは9:30、11:00、12:30、14:00、15:30の5便があります。

クルーズ時間は約1時間で、料金は沖合航路(流氷あり)の場合、大人4,000円、小学生2,000円です。

オーロラ号で楽しむ網走の冬の流氷観光

オーロラ号は網走港から約1時間のクルーズを行い、

乗客に流氷の壮大な景観を楽しむ機会を提供しています。

船内では、流氷を間近で観察できるスペースや、流氷に関する展示物などが用意されており、

流氷についての理解を深めることができます。

特別席は事前予約を受けておらず、当日船内にて先着順での受付となっています。

当日のお支払いは現金のみとなります。

網走流氷砕氷船オーロラ号の正確な運航スケジュールや料金については、

公式ウェブサイトや直接お問い合わせいただくことをお勧めします。

住所: 北海道網走市大字浜町字沖ノ島

網走流氷観光砕氷船 おーろら 公式ホームページ

お問い合わせ電話番号: 0152-43-6000

北海道の冬、ガリンコ号とオーロラ号で流氷の美しさや自然の壮大さを感じながら、

特別な体験を楽しんでみてください。

北海道の冬を楽しむ究極のアクティビティ「流氷ウォーク」

北海道の冬に訪れるなら、「流氷」の素晴らしさを味わうことができるアクティビティとして、

「流氷ウォーク」がおすすめです。

オホーツク沿岸や知床半島など、これらの地域で行われる流氷ウォークは、

特別な体験ツアーとして冬の北海道を楽しめます。

流氷ウォークの魅力

流氷ウォークでは、専門のガイドの案内で、体が濡れない「ドライスーツ」を身にまとい、

流氷の上を歩くことができます。

この冒険的な体験は、神秘的で美しい流氷の世界を存分に堪能できる絶好の機会です。

特に、知床半島のウトロ周辺では、2月から3月にかけて開催され、

雄大な自然に触れながら、新たな視点から北海道の美を発見できます。

流氷ウォークの注意事項

流氷ウォークは特殊な体験ツアーであり、ドライスーツを身につけて

海面に浮かぶ流氷上を歩行します。

ガイドが安全確認を行いつつ案内しますが、氷の上を渡り歩いたりする間に、

変化する流氷の状況によりルートや難易度が変わります。

そのため、参加者は必ずガイドの指示に従って下さい。

特にお子さんやご年配の方は体調や体力に留意しつつ、無理のない範囲でご参加ください。

北海道・知床の流氷ウォーク事業者紹介

北海道・知床での冬の魅力を最大限に楽しむなら、流氷ウォークがおすすめです。

以下は、知床で流氷ウォークを提供するいくつかの事業者の情報です。

ゴジラ岩観光

  • 住所: 〒099-4355 斜里町ウトロ東51
  • 電話: 0152-24-3231(自然体験)
  • ホームページ: ゴジラ岩観光
  • 営業時間: 8:00 – 19:00(2/1~3/20 自然体験)
  • 定休日: 年末年始・及び不定休(自然体験)
  • お支払い: クレジットカード利用可
  • エリア: ウトロ
  • 備考: 自然体験を大切にし、静かな流氷原で遊びましょう。 流氷は北からやってくる自然の贈り物で、その中での出会いは何よりの恩恵です。

知床オプショナルツアーズ SOT!(そっと!)

  • 住所: 〒099-4351 斜里町ウトロ 香川67
  • 電話: 0152-24-3467
  • ホームページ: 知床オプショナルツアーズ
  • 営業時間: 5:00 – 21:00
  • 定休日: 不定休
  • お支払い: 現金のみ、クレジットカード不可
  • エリア: ウトロ
  • 備考: エコツーリズム大賞を受賞した信頼の置けるツアーオペレーター。新調されたドライスーツで、流氷ウォーク中の写真もプレゼント!

SHINRA(シンラ)

  • 住所: 〒099-4354 斜里町ウトロ西187-8
  • 電話: 0152-22-5522
  • ホームページ: SHINRA
  • 営業時間: 9:00 – 19:00
  • 定休日: 年中無休
  • お支払い: クレジット、PAYPAY、現金
  • エリア: ウトロ
  • 備考: ネイチャーガイド9名体制で、安全かつ楽しい自然体験ツアーを提供。知床の魅力を多彩なアクティビティで体感!

ピッキオ 知床

  • 住所: 〒099-4355 斜里町ウトロ東284
  • 電話: 0152-26-7839
  • ホームページ: ピッキオ 知床
  • 営業時間: 9:00 – 18:00
  • 対応言語: 英語可
  • メモ: 環境省エコツーリズム大賞受賞。保護管理とウォッチングツアーを通じて野生動植物とのつながりを実感しよう。

MEPS(メプス)

  • 住所: 〒099-4355 斜里町ウトロ東117 ウトロ漁業協同組合(旧漁協施設)
  • 電話: 0152-22-5288
  • ホームページ: MEPS
  • 営業時間: 2月1日~3月10日(流氷接岸期)
  • お支払い: クレジットカード利用できません
  • エリア: ウトロ
  • 備考: アクティブな流氷ウォークで、真価を問う冒険が待っています!

LANTOKO流氷遊ウォーク

  • 住所: 〒099-4355 斜里町ウトロ東131
  • 電話: 080-8881-8197(2/1~3/20)
  • ホームページ: LANTOKO流氷遊ウォーク
  • 営業時間: 2月1日~3月10日(流氷接岸期)
  • 定休日: 不定休
  • お支払い: 事前予約制(オンライン決済)
  • 対応言語: 日本語/中国語/英語
  • エリア: ウトロ
  • 備考: 台湾出身のガイドもいるので、世界中の流氷ウォーカーを歓迎しています。

まとめ

北海道の冬、流氷観光の魅力を知るために「流氷の予想と楽しみ方3選!

オーロラ号vsガリンコ号vsウォーク!」をぜひ見て下さい。

オーロラ号では、贅沢な船旅で流氷を堪能。

寛ぎながら美しい風景を楽しむことができます。

ガリンコ号は大きなドリルでアクティブなアプローチ。

流氷に近づき、その臨場感を味わうことができる冒険的なツアーです。

一方で、ウォークは流氷の上を歩く新たな体験。

流氷の上で、神秘的な雰囲気に包まれながら北海道の冬を感じます。

どのツアーも専門のガイドが同行し、安全面には十分な配慮がなされています。

流氷の情報は「海氷情報センター」で確認可能。

オーロラ号の予約はがWebがお得、ガリンコ号は10月4日から予約開始、

ウォークは事前予約が必要です。

3つの観光ツアーはそれぞれの視点から冬の北海道の「流氷」を楽しむことができます。

流氷の美しさと楽しい冒険を求めるなら、3つの選択肢を検討して、

北海道の自然に触れてみてください。

どのツアーも楽しい思い出を約束してくれると思いますよ。

スポンサーリンク
観光遊び
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました