「観るべ!食うべ!おとべマーケット2024」では何が買える?食べられる?

スポンサーリンク
「観るべ!食うべ!おとべマーケット2024」では何が買える?食べられる? イベント

「観るべ!食うべ!おとべマーケット」が2024年も開催されます。

毎年、多くの人がこのイベントの開催を楽しみにしています。

しかし、今回始めて参加したいと思っている方も少なくないでしょう。

新しい特産品やグルメはただ歩いて見て回るだけでも楽しいですが、計画を立てることでさらに充実した体験ができるはずです。

この記事では2024年の「観るべ!食うべ!おとべマーケット」を紹介しています。

まずはどんな特産品があるのか、どのようなグルメが楽しめるのか、そしてどのようなイベントが予定されているのかについて事前にチェックしておくことをお勧めします。

そうすることで、当日は迷うことなく自分の興味に合ったスポットを効率的に巡ることができます。

また、地元の人との交流もこのイベントの大きな魅力の一つです。

彼らに直接、乙部町の特産品や見どころを聞いてみましょう。

2024年の「観るべ!食うべ!おとべマーケット」で、忘れられない一日を過ごしましょう。

スポンサーリンク

イベント概要

乙部町

2024年も「観るべ!食うべ!おとべマーケット」が札幌市の中心部で開催されます。

このイベントは、地元乙部町の特産品やグルメを楽しむことができる市場です。

来場者は新鮮な食材を購入することができるだけでなく、様々な催し物にも参加することができます。

項目 詳細
イベント名 観るべ!食うべ!おとべマーケット
開催日 2024年3月18日(月)〜3月19日(火)
開催時間 11:00〜18:30
開催場所 ホテルポールスター札幌 1階屋外特設会場
住所 札幌市中央区北4条西6丁目
アクセス方法 地下鉄南北線さっぽろ駅より徒歩約6分
主な内容 乙部町の特産品販売、地元グルメ、体験型イベント
料金 物販・飲食有料、入場無料
問い合わせ先 0139-62-2871(乙部町産業課商工労働観光係)

開催日と時間

「観るべ!食うべ!おとべマーケット」は、2024年3月18日(月)と3月19日(火)の2日間開催されます。

イベントの開催時間は11時から18時30分までです。

乙部町の特産品をとグルメをじっくり時間をかけて楽しめます。

アクセス方法

イベントの会場であるホテルポールスター札幌の住所は【札幌市中央区北4条西6丁目】です。

公共交通機関を利用する場合は地下鉄南北線さっぽろ駅から徒歩約6分で会場に着きます。

会場には駐車場は設けられていませんので、車での来場は避けて公共交通機関を利用して下さい。

物産展で楽しめる特産品とグルメ

「観るべ!食うべ!おとべマーケット2024」では、乙部町の豊かな食材が存分に楽しめます。

このセクションでは特に乙部町の大豆製品やその他の特産品、そしてグルメについてご紹介します。

乙部町の大豆製品とその他の商品

乙部町は「大莢白乙女」と「黒千石大豆」という希少な品種の大豆の産地として知られています。

これらの大豆を使用した「乙部大福」は、甘さ控えめで大豆本来の味わいが楽しめると評判です。

また、「マダムのすぷれっど」という大豆のあんバターもユニークな風味で人気があります。

他に「黒千石アイス」「マダムのすづけ」「豆ごはんの素」「乙女のきな粉」などがあります。

これらの製品は他では味わうことのできない乙部町ならではもので、毎年訪れた方々にとても好評です。

また、これらの大豆製品以外にも地元産の新鮮な野菜や果物、海産物や加工品など多彩な商品が販売されています。

ランチブッフェの魅力

おとべマーケットでは特別なグルメメニューが用意されています。

しおとんこつラーメンクラフトビールなど地元ならではの味も堪能できるので、食の楽しみが広がります。

さらに、3月17日(日)19日(火)には、乙部町の特産品を使ったランチブッフェがホテルポールスター札幌1Fレストランで楽しめます。

マーケットの開催は3月18日(月)と3月19日(火)の2日間ですから開催日の違いに注意して下さい。

乙部町の大豆製品をはじめとする地元の食材を活かした料理の数々は、訪れる人々に新たな味覚の発見を提供します。

レストランフェア
■ 日 時 : 2024年3月17日(日)、19日(火)
      11:30~14:30 ランチタイム(ラストオーダー14:00)

■ 場 所 : ホテル1階レストラン「Dining & Bar 179」

■ 料 理 : 乙部町の特産品を使ったメニューがランチブッフェに登場いたします。

乙部町の観光と特産品

乙部町は北海道の美しい自然に囲まれた地域であり、豊富な特産品と素晴らしい観光スポットで知られています。

このセクションでは乙部町の観光情報と地元の特産品について詳しく解説します。

乙部町の観光とアクセス

乙部町は美しい自然景観で知られています。

町内には美しい海岸線や緑豊かな山々、そして魅力的な祭りやアクティビティがあります。

夏には海水浴やマリンスポーツで賑わい、冬には雪景色を楽しむことができます。

訪問者は自然の中でアクティビティをしたり、のんびりとした時間を過ごすことができます。

地元の人々の温かいもてなしも体験することができるでしょう。

観光名所

  1. おとべ温泉いこいの湯: 源泉100%の天然温泉が楽しめる日帰り入浴施設です。
  2. 館の岬: 東洋のグランドキャニオンとも呼ばれる白亜の断崖と奇岩が美しい景観を提供します。
  3. 道の駅 ルート229元和台: 日本海の絶景が望める展望台があり、特産品の販売も行われています。
  4. 滝瀬海岸とくぐり岩: 白い断崖が美しい海岸線を形成しており、歴史的なトンネルも見ることができます。
  5. 元和台海浜公園「海のプール」: 快水浴場百選に選ばれた海水浴場で、自然の海岸を活かした施設です。

乙部町の特産品と地元グルメ

特産品

  • 黒千石大豆: お土産として人気のあるあんを使ったもなかや、新鮮なスケトウダラから採れるたらこがあります。
  • アスパラガスやいちご: 地元の農産物として知られており、これらを使った料理が楽しめます。

グルメスポット

しおトンコツラーメン嶋

ランチ:11:00~13:30 ディナー:23:00~00:30

定休日:月・火・水曜日(日曜日はランチのみ)

「しおとんこつラーメン」、「柔らか煮豚丼」の二つのみ。

Guild Endeavour(ギルド エンデバー)

営業時間:水・木 昼11:30~14:30 夜17:30~20:00

営業時間:金・土 昼11:30~14:30 夜17:30~21:00

営業時間:  日 昼11:30~14:30 夜17:30~20:00

定休日:毎週月・火 変更になる可能性アリ

乙部町の地ビールと薪窯で焼き上げたピザや道南の食材を使った創作料理が楽しめます。

●キッチンcafeのどか

営業時間:平日11:30~14:00/17:30~22:00

日・祝11:30~14:00/17:30~21:00

定休日:水曜、第2・第4木曜

パスタ、カレー、ピザなどバラエティー豊富なメニューが楽しめるお店です。

乙部町

まとめ

「観るべ!食うべ!おとべマーケット2024」は、札幌で乙部町の豊富な特産品や地元グルメを体験できるイベントです。

来場者は豊富な食材の購入や様々な催し物に参加することができます。

特に、地元で栽培された大豆「大莢白乙女」と「黒千石大豆」を用いた製品が注目されており、「乙部大福」や「マダムのすぷれっど」などの独特な味わいが楽しめます。

また、地元グルメとしては、しおトンコツラーメンやクラフトビールなどが楽しめるスポットがあり、地元の食材を活かした様々な料理が提供されています。

イベントでは、乙部町の人々との交流を深めることができるでしょう。

2024年3月18日から19日までの開催で札幌市中央区のホテルポールスター札幌で行われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました