しべつ雪まつり2024:日程&アクセスと雪ハネ選手権に参加するには?

スポンサーリンク
しべつ雪まつり2024:日程&アクセスと雪ハネ選手権に参加するには? イベント

2024年の冬、北海道士別市で開催される第69回「しべつ雪まつり」では、

家族連れから若者まで幅広く楽しめるイベントが盛りだくさんです。

雪像展示や滑り台、そして毎年熱戦が繰り広げられる国際雪ハネ選手権まで、

冬の魅力が詰まったこの祭りは、寒い季節の北海道を代表するイベントの一つです​​​​​​​​​​。

訪れるにはいくつかの準備が必要です。

まずは、士別へのアクセス方法を確認しましょう。

また、雪ハネ選手権への参加を考えているなら、

ルールや申込方法を知っておくことが重要です。

本記事では、しべつ雪まつり2024に関する最新の情報を提供します。

スポンサーリンク

2024年しべつ雪まつりとは?

士別雪まつりは、冬の北海道を代表する魅力的なイベントです。

2024年は第69回目の開催となり、士別市中央公園を中心に行われます​​。

この祭りは、地域の冬の風物詩であり、多くの観光客や地元の人々で賑わいます。

しべつ雪まつりの概要と日程

士別雪まつりは、様々な雪像やアトラクションが特徴のイベントです。

巨大な滑り台やテント屋台村などが設置され

家族連れから若者まで幅広い層が楽しめる内容となっています。

2024年の開催日程は2月3日と4日の2日間です。

この期間中、多様なイベントが展開され、冬の士別を存分に楽しむことができます​​​​。

しべつ雪まつりのイベント

国際雪ハネ選手権やステージイベント、露店の出店など、

多彩なプログラムが予定されています。

具体的なイベントは以下の通りです

国際雪ハネ選手権

 毎年恒例の、雪を使ったユニークな競技。

 大人から子供まで楽しめるエキサイティングなイベント。

ステージイベント

 地元アーティストによるライブパフォーマンスや、地域文化の紹介など。

露店

 地元のグルメや手作り商品を販売する多数の出店があります。

 地元の味を楽しむ絶好の機会。

巨大滑り台

 子供たちに大人気。雪の中を滑り降りるスリル満点のアトラクション。

雪像展示

 地元の人たちによる、創造的で美しい雪像が会場を彩ります。

これらのプログラムは、家族連れや友人同士、また一人でも存分に楽しめる内容となっています。

イベントの詳細や時間は、公式サイトで確認してください。

アクセス情報

士別雪まつりへのアクセスは、多くの訪問者にとって重要な情報です。

主要な交通手段と所要時間、および駐車場に関する情報を提供します。

交通手段と所要時間

士別雪まつりへのJRを使用したアクセス時間です。

  • 旭川から士別まで
    • 特急宗谷で約40分
    • 普通列車で約1時間15分
  • 札幌から士別まで
    • 特急宗谷で約2時間10分
  • 新千歳空港から士別まで
    • 札幌・旭川乗換で約3~4時間(新千歳空港から札幌までは快速で37分)
  • 名寄から士別まで
    • 特急宗谷で約15分
    • 普通列車で約30分
  • 稚内から士別まで
    • 特急宗谷で約3時間​​。
  • バスでのアクセス
    • 旭川から路線バス急行で約1時間40分
    • 札幌から高速バス「高速なよろ号」で夏期間は約2時間55分、冬期間は約3時間10分​​​​。
  • 士別の駅から会場の士別市中央公園までは徒歩で15分

士別雪まつりへの車を使用したアクセス時間す。

 札幌から182km 約2時間半

 旭川から58km 約1時間20分

 新千歳空港から224km 約3時間

近隣の駐車場情報

  • 士別市総合体育館 西側駐車場(士別市東4条3丁目):祭りの主要な駐車場の一つです。
  • 周辺駐車場:士別市内中心部には、他にも複数の駐車場がありますが、祭り期間中は混雑が予想されます。事前に公式サイトで駐車場情報を確認し、早めの到着を計画することをお勧めします​​。

雪ハネ選手権への参加

国際雪ハネ選手権は、士別雪まつりの中でも特にユニークで人気のあるイベントです。

今年の参加申込やルールについてはまだ発表されていませんので

以下に、過去の参加方法やルールについての情報をまとめます。

参加申込:

 参加を希望するチームは、事前に公式ウェブサイトや

 イベントの告知を通じて登録を行う必要があります。

 過去の例では、参加登録はイベント開催の数週間前から始まることが多いです。

参加方法:

 チームは4人1組で構成され、18歳以上の健康な人が参加できます​​。

競技内容:

 競技では、180cm四方、深さ約100cmの型枠内に積まれた約1トンの雪をかき出し、

 コンパネを起こして底にある旗をゴールまで持っていくことが求められます​​。

ルール:

 雪をハネる過程でコンパネや旗を破損させると失格となるため、注意が必要です​​。

技術と戦略:

 力任せの雪ハネは効率が悪く、一定のスピードで雪をハネ続けることがセオリーです​​。

 また、型枠のサイズが微妙であり、スコップの扱いに熟知していなければ

 効率よくハネることが難しいです​​。

女性部門:

 過去には女性部門も用意されており、一般部門とは異なるルールで実施されています​​。

この競技は非常に過酷であり、新参者が容易に上位に食い込むことは困難です。

しかし、その分参加者には特別な達成感を与えるイベントとなっています​​。

周辺情報

士別の代表的な宿泊施設や観光スポット、飲食店をご紹介します。

士別の宿泊施設

旅館 池田屋

住所: 北海道士別市西2条8丁目

電話番号: 0165-23-2336

料金: 5,200円~

特徴: JR士別駅から徒歩約1分30秒の距離にある、アクセスに便利な旅館​​。

士別グランドホテル

住所: 北海道士別市東3条南7丁目

電話番号: 0165-23-3911

公式ホームページ: 士別グランドホテル

料金: 4,807円~

特徴: 士別市の中心部に位置し、士別駅から徒歩約5分とアクセスが良い。

 全室Wi-Fi完備で、ビジネス利用にも便利。

 レストランでは、地元の食材を使った料理を楽しむことができる。

ホテル美し乃湯温泉

住所: 北海道士別市大通東17丁目3143番地215

電話番号: 0615-29-2611

公式ホームページ: ホテル美し乃湯温泉

特徴: JR士別駅から車で10分以内の立地にあり、

 豊かに湧き出る天然温泉と露天風呂、

 リーズナブルかつ多種多様な客室が自慢のホテルです。

 大浴場には露天風呂と内湯、サウナルームやリラクゼーションスペースが併設されており、

 ご宿泊のお客様はご滞在中無料でご利用いただけます。

観光スポット情報

屯田兵屋

住所: 北海道士別市南士別町2554
営業時間: 10:00~16:30
特徴: 屯田兵が住んでいた家を見学可能な歴史的建造物​​。

士別めん羊牧場

住所: 北海道士別市西士別町5351
電話番号: 0165-22-2991
公式ホームページ: 羊と雲の丘
営業時間:
4月〜9月: 9:00〜18:00
10月〜3月: 9:00〜16:00
特徴: 士別市にあるこの牧場は、広大な敷地で多様な種類の羊とのふれあいが楽しめる場所です。

 美しい自然の中で羊の放牧を眺めたり、羊と直接触れ合う体験が可能です。

 また、季節によっては羊の毛刈り体験なども提供されています

飲食店情報

和食の店先斗町

住所: 北海道士別市東一条5丁目1-1
電話番号: 0165221135
アクセス: 士別駅から徒歩10分(747m)

せいふう舘

住所: 北海道士別市朝日町中央4520
電話番号: 0165283988
営業時間: 火-土、祝日、祝前日: 11:00-15:00 (料理L.O. 14:30)
店休日: 月、日
平均予算: 1,000円前後

CAFE&RESTAURANT武士

住所: 北海道士別市大通東5丁目440-23
電話番号: 0165267666
営業時間: 月-日、祝日、祝前日: 10:00-20:30 (料理L.O. 20:00)
店休日: 年末年始休み

ゲストハウス&カフェバー エストアール

住所: 北海道士別市西2条7丁目709-1
電話番号: 05068822097
営業時間:
火-木: 18:30-翌0:00 (料理L.O. 23:00)
金-日: 11:00-15:00 (料理L.O. 14:00), 18:30-翌0:00 (料理L.O. 23:00)
店休日: 月、祝日、祝前日
アクセス: 士別駅から徒歩4分(317m)​

まとめ

士別雪まつりは、2024年2月3日から4日にかけて開催される

冬の北海道を象徴する魅力的なイベントです。

この祭りは、雪像の展示や国際雪ハネ選手権、各種ステージイベント、

テント屋台など、多彩なプログラムで楽しめます。

アクセス方法として、JRを利用すると旭川から約40分、

札幌からは約2時間10分で到着し、新千歳空港からも3~4時間で士別市にアクセスできます。

また、国際雪ハネ選手権は4人1組のチームで参加可能です。

この競技は過酷で、力任せではなく、一定のスピードで雪をかき出す技術が必要です。

士別雪まつりは、その美しい雪像、熱い競技、そして地元のグルメを楽しむ絶好の機会を提供します。

ぜひ雪の北海道を満喫して下さい。

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました