時効廃止はいつから?そのきっかけとなった事件と時効廃止のデメリットとは?

スポンサーリンク
時効廃止はいつから?そのきっかけとなった事件と時効廃止のデメリットとは? ニュース

私たちの生活の中で起きる事件や事故に対して法律はどのように対応しているのでしょうか。

特に、犯罪に対する時効の廃止は大きな議論の対象となりました。

この制度の変更は、被害者や遺族の方々にとって長い間待ち望んだ救済の光だったからです。

時効廃止がいつから施行されたのか、その背景にある具体的な事件とは何だったのでしょうか?

そして、それによって我々の社会にどのような影響をもたらしたのでしょうか。

また、この制度変更がもたらすデメリットとは具体的にどのようなものでしょうか。

この記事では時効廃止のきっかけから現在に至るまでの流れ、そしてそれが私たちの生活にどのような影響を与えたのかを丁寧に解説していきます。

スポンサーリンク

時効廃止の背景

項目 詳細
時効廃止の開始日 2010年4月27日
時効廃止の理由 殺人などの凶悪犯罪の公訴時効の廃止や延長を盛り込んだ改正刑事訴訟法が成立
時効廃止の影響 犯罪行為の時からどれだけ時間が経過しても、犯人を処罰することができるようになった
時効廃止の対象 殺人罪(既遂)や強盗殺人罪など、「人を死亡させる罪」のうち、法定刑の上限が死刑であるもの

時効制度とは何か

時効とは、ある出来事から一定の期間が経過したことで法律上の根拠の有無に関わらず、その事実状態に適合する権利が認められる制度または権利が変動したと認められる制度です。

刑法上の時効犯罪が発生してから逮捕・起訴をされずに一定期間が過ぎると、その犯罪に対する刑事責任を追及できなくなるという法律上の規定で、「公訴時効」と呼ばれます。

時効が成立したら公訴できなくなるため、公訴時効成立後に犯人が発見されたり名乗り出たとしても逮捕・起訴されることはありません。

ただし、容疑者が国外にいる間は時効が停止されるという特例もあります。

「時効」がある主な理由としては、時間の経過による証拠の散逸や被害者や社会の処罰感情の薄れ、処罰されずに過ごした一定期間を経た犯人の新たな生活への尊重などがあります。

時効廃止の法改正前の状況

日本では、一昔前までは殺人事件に対しても時効がありました。

殺人事件の時効は2000年までは15年とされていましたが、2000年に25年へと延長されました。

しかし、依然として多くの重大犯罪が時効到達により未解決のまま終わってしまうケースがありました。

時効の存在は犯罪被害者やその家族にとって大きな問題であり、彼らは犯人が未だに罰されずにいる現状に苦しんでいました。

このような背景から時効制度の見直しが求められるようになりました。

2010年4月27日の改正刑事訴訟法の公布・施行によって、殺人事件の時効は廃止されました。

また、2010年4月27日の改正刑事訴訟法公布時点で、時効が成立していない殺人事件も時効は廃止されています。

これによって犯罪行為の時からどれだけ時間が経過しても、犯人を処罰することができるようになりました。

この法改正は、DNA鑑定の進歩被害者家族の権利を重視する世論の高まりによって支えられていました。

法改正前には毎年40件から60件の殺人事件が時効を迎えていたとされ、その多くが解決されずに終わっていたことが、時効廃止の大きな背景となっています。

時効廃止の詳細

時効廃止はいつから

日本における時効廃止は2010年4月27日に法改正が行われたことにより実現しました。

この改正は、殺人などの重大犯罪に関して従来存在していた時効制度を撤廃するものです。

この法改正により、殺人罪をはじめとする法定刑に死刑または無期懲役が定められている犯罪については、犯行後どれだけ時間が経過しても犯人を追及することが可能になりました。

また、2010年4月27日の改正刑事訴訟法公布時点で時効が成立していない殺人事件も時効は廃止されています。

それまでは殺人罪の時効は25年と定められていましたが、この改正によって殺人事件の時効の概念がなくなりました。

時効廃止のきっかけとなった事件

時効廃止の背景には数多くの未解決事件がありましたが、特に社会的影響が大きかったのが、いわゆる「松本サリン事件」「オウム真理教による連続犯罪」などのケースです。

これらの事件は被害者遺族や一般市民からの強い時効撤廃の要望が寄せられた結果、法改正へとつながりました。

時効廃止を待ち望んでいた被害者遺族はスピード審理による即日施行を歓迎しました。

時効が成立すると犯人が名乗り出たとしても、逮捕・起訴されることがなくなるため、被害者遺族にとっては時効廃止は犯人への正義の実現を意味するものでした。

また、科学捜査の進歩、特にDNA鑑定技術の発展は時効後も、真実を解明できる可能性を示唆し時効制度自体の見直しを促しました。

毎年多くの重大犯罪が時効を迎え、犯人が処罰されずに終わる事例が後を絶たなかったことも、改正を後押しした重要な要因でした。

遺族らの絶え間ない活動と公共の安全への懸念が、法改正という形で結実しました。

これらの改正は被害者やその家族だけでなく、社会全体の正義と安全を確保するための重要な一歩として位置づけられています。

時効廃止は被害者の権利を保護し犯罪に対する厳しい態度を示すことにより、犯罪の未然防止にも寄与すると期待されています。

時効廃止の影響

時効廃止がもたらすデメリット

時効廃止にはいくつかのデメリットが指摘されています。

 一つは犯罪捜査における時間的制約がなくなることで、警察の捜査態勢に負担がかかる可能性があります。

しかし、最も大きな懸念は冤罪のリスクが高まる可能性です。

時効が存在しないことで何十年も前の事件が再び捜査される場合、証拠の信頼性が失われているかもしれませんし、目撃者の記憶も曖昧になっている可能性があります。

これらの要因によって正確な判断が難しくなり、誤った判断による冤罪が生じる恐れがあります。

また、時効廃止は犯罪者に対する恒久的な不安を与え社会復帰の障壁となる可能性もあります。

これは社会復帰を目指す元犯罪者にとって重大な問題になるかもしれません。

時効廃止の社会への影響

時効廃止は社会全体にも様々な影響をもたらします。

被害者やその家族にとっては犯罪に対する正義が実現する可能性が高まることが大きな利点です。

時効により犯罪が未解決のままであることに対する不満や無念さが解消され、心の平穏を得ることができるでしょう。

しかし一方で、時効廃止は警察や検察の捜査資源に対する負担を増やす可能性があります。

長期間にわたる捜査が必要となることで、新しい事件への対応が遅れる可能性も考えられます。

また、時効廃止が犯罪者の更生を妨げ社会復帰を困難にするという点も、社会的な課題として挙げられています。

まとめ

時効廃止は2010年から適用されています。

この改正は特に殺人罪などの重大犯罪に焦点を当てており、過去に多くの未解決事件が時効を迎えたことがきっかけとなりました。

このことに対する被害者遺族の声や社会全体の不満、そして科学捜査の進歩などが法改正を後押ししました。

しかし、時効廃止にはデメリットも指摘されており、冤罪のリスク増加や犯罪者の社会復帰の妨げなどが懸念されています。

被害者やその家族にとっては正義の実現を意味する一方で、警察や検察の捜査資源の負担増大という問題も引き起こしています。

この法改正は、犯罪に対する国民の意識と法律の関係を考える重要なきっかけとなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました