セルフレジは便利?疲れる?【使わない】【やらせる】【キレる】人々

スポンサーリンク
セルフレジは便利?疲れる?【使わない】【やらせる】【キレる】人々 気になる

近年、スーパーマーケットやコンビニエンスストアではセルフレジ(自動レジ)の普及が進んでいます。

レジの混雑を避けたり自分のペースで買い物したりと、効率的な買い物を可能にする一方で利用者によっては戸惑いやストレスを感じる人もいます。

この記事ではセルフレジの利便性と問題点について掘り下げ、特にセルフレジに対して否定的な人々についてまとめます。

スポンサーリンク

セルフレジのメリット

セルフレジ最大のメリットは待ち時間の削減です。

利用者は自分のペースで商品をスキャンし、支払いを完了させることができます。

これによってピークタイムでもレジ待ちの列が短縮され、全体の流れがスムーズになります。

また、レジ担当者の人件費を削減できるため、店舗側にとっては特にメリットが大きいようです。

否定的な利用者:使わない人

セルフレジを使わない人の理由は様々ですが、主なものは以下の通りです。

  • 操作が面倒だと感じる人。バーコードを読み取ったり袋詰めをしたりと、自分でやらなければならないことが多いので、手間がかかると感じる人もいます。また、操作に不慣れで間違えたりエラーが出たりするのが嫌だという人もいます。
  • 接客が好きな人。レジで店員さんと会話をしたり、笑顔で対応してもらったりするのが好きな人もいます。セルフレジでは人とのコミュニケーションが少なくなるので、寂しいと感じる人もいます。
  • 店員さんを応援したい人。セルフレジばかり使うと店員さんの仕事が減ってしまうのではないかと心配する人もいます。店員さんの仕事を応援したいという気持ちから、セルフレジを使わない人もいます。

否定的な利用者:やらせる人

セルフレジを使う人の中には、自分で操作するのではなく同伴者や店員さんにやらせる人もいます。

  • 自信がない人。セルフレジの操作に自信がなく、間違えたりトラブルになったりするのが怖いという人もいます。そういう人は、はじめから同伴者や店員さんにやってもらおうとします。
  • 楽したい人。セルフレジの操作は自分でやるのが面倒だと感じる人もいます。そういう人は、同伴者や店員さんにやってもらうことで、楽をすることができます。

否定的な利用者:キレる人

セルフレジを使う人の中には、操作中にイライラしたりキレたりする人もいます。

  • トラブルが起きた人。セルフレジの操作中に、バーコードが読み取れなかったり支払いができなかったり、エラーが出たりとトラブルが起きることがあります。そういう時に店員さんの対応が遅かったり不親切だったりすると、イライラしたりキレたりする人もいます。
  • 待たされた人。セルフレジの利用者が多くて、待ち時間が長かったり操作が遅かったりすると、イライラしたりキレたりする人もいます。特に、急いでいる人や時間に余裕がない人は、ストレスを感じることがあります。
  • 邪魔された人。セルフレジの操作中に、他の利用者や店員さんに邪魔されたり干渉されたりすると、イライラしたりキレたりする人もいます。特に、プライバシーを重視する人や自分のやり方にこだわる人は、不快に感じることがあります。

まとめ

セルフレジは便利な面もありますが、使わない人や、やらせる人や、キレる人もいます。

セルフレジの利用には、操作の習磨やトラブルの対処法、マナーの向上などが必要です。

セルフレジを使う時は、自分だけでなく他の人の気持ちも考えて快適に利用しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました