「飯塚さき」さん:「週5ちゃんこ」の相撲ライターの経歴&wikiをご紹介!

スポンサーリンク
「飯塚さき」さん:「週5ちゃんこ」の相撲ライターの経歴&wikiをご紹介! ニュース

2024年1月3日(水)「マツコの知らない世界新春SP〜豪華力士共演!相撲メシ&クセ強マニア集結★大新年会」がTBS系列で放送されます。

この番組に「週5でちゃんこを食べる相撲ライター」として飯塚さき(いいづかさき)さんが出演されます。

この記事では「相撲ライター」としてご活躍されている、飯塚さきさんの経歴や仕事についてご紹介します。

スポンサーリンク

飯塚さきさんのプロフィールと相撲愛

飯塚さきさんは、相撲という日本の伝統的スポーツに情熱を注ぐフリーランスのスポーツライターです。

彼女の生い立ち、学歴、そして相撲への愛への背景について解説します。

基本情報と教育背景

飯塚さきさんは1989年12月3日生まれさいたま市出身です。

彼女は早稲田大学国際教養学部を卒業し、学生時代はラグビー部のマネージャーとして活躍しました。

さらに、アメリカのシアトルにあるワシントン大学へ留学した経験もあり、英語も流暢なようです。

彼女の教育背景は、その後のキャリアに大きな影響を与えています​​​​。

相撲への興味の始まり

調べてみると、「飯塚さんの相撲への関心は、大学時代にラグビー部の先輩に誘われ、相撲の試合を見に行ったことから始まった。」と書いてある記事がありました。

ですが、Xを見ると「元相撲部のうちの弟が作った味噌ちゃんこ」という投稿があるので、もっと以前から関心があったのかもしれませんね。

2018年にフリーランスとして独立し、『相撲』『大相撲ジャーナル』などの雑誌で相撲に関する記事を書き始めます。

2019年にはラグビーワールドカップでアメリカ代表チームの通訳としても活躍

彼女のキャリアは、相撲だけでなく幅広い知識と経験を反映しています。

飯塚さきさんの職業経歴

飯塚さきさんの職業経歴は多彩ですが、どのようにして相撲ライターになったのでしょうか。

ここでは、彼女がどのようにしてスポーツライターとしてのキャリアを築いてきたのかを見ていきます。

美術出版社からのスタート

飯塚さんのキャリアは、大学卒業後の美術出版社での仕事から始まりました。

この経験は、彼女の編集スキルと執筆技術を磨く貴重な機会となりました。

約1年半の勤務を経て、2013年にはベースボール・マガジン社へ転職します。

ここでの経験は、飯塚さんのスポーツに対する関心と知識の基盤を形成しました​​。

相撲ライターとしての活動

ベースボール・マガジン社では、『Sports Japan』『コーチング・クリニック』などの編集に携わり、その後2018年にフリーランスの記者として独立

相撲に特化したライターとして、『相撲』『大相撲ジャーナル』などでの執筆活動を開始します。

また、『日本で力士になるということ』という著書があり、照ノ富士関の著書『奈落の底から見上げた明日』​にも関わっているようです。

週5ちゃんこのライフスタイル

飯塚さきさんの週5回のちゃんこ鍋を楽しむライフスタイルは、彼女の相撲愛と健康意識の表れです。

飯塚さんがちゃんこ鍋とどのように出会い、それが彼女の日常生活や健康にどのように影響しているかを解説しています。

ちゃんこへの愛を語る

飯塚さんは、テレビ番組「マツコの知らない世界」に出演し、相撲部屋のちゃんこ鍋の魅力を紹介します。

この番組では、タレントのマツコ・デラックスさんと対談し、相撲ライターとしての深い知識を披露しました。

飯塚さんは、佐々木一郎さんと共に、力士たちの食生活の核となるちゃんこ鍋について、その歴史や文化的意義を語りました​​。

ちゃんこの健康効果

ちゃんこ鍋は、栄養価が高くバランスの良い食事として知られています。

飯塚さんはこの健康的な食事を日常に取り入れ、自身の健康管理にも役立てています。

力士の食事としてのちゃんこは、高カロリーで知られていますが、飯塚さんはそれを健康的にアレンジして、日常生活に取り入れています。

彼女のこの食生活は、相撲愛だけでなく、健康への意識も反映しています。

飯塚さんのちゃんこ鍋への深い理解と愛情は、彼女のライターとしての視点にも大きく影響しています。

私生活と将来の展望

飯塚さきさんの私生活と将来に対する考え方は、彼女の人柄や生き方の魅力を映し出しています。

彼女の家庭生活と目標についてわかっていることをご紹介します。

家族との生活

飯塚さんは2019年7月14日に結婚しましたが、彼女のSNSには家族に関する多くの情報は公開されていません。

また、現在のところ、彼女に子供がいるという情報もありません。

飯塚さんはプライベートに関する詳細をあまり公にしておらず、その点で彼女の個人生活に対する控えめな態度が伺えます​​。

今後のキャリアと期待

飯塚さんのプライベートな目標は、「カッコいい女になる!」というもので、中学生の頃から変わらないそうです。

彼女は趣味や芸術に触れながら、好奇心と知識欲を追求し続け、人生の最期までに世界中で「行ったことがない場所」を訪れることを目標にしているそうです。

この目標は、彼女の冒険心と人生に対する情熱を示しており、今後のキャリアにおいても新たな挑戦を続けることが予想されます​​。

まとめ

飯塚さきさんは、1989年生まれのフリーランススポーツライターで、相撲に深い情熱を持っています。

さいたま市出身で、早稲田大学卒業後、美術出版社での勤務を経て、ベースボール・マガジン社で相撲関連の記事を執筆しました。

週に5回ちゃんこを食べる彼女は、テレビ番組「マツコの知らない世界」でちゃんこ鍋の魅力を紹介しています。

2019年に結婚し、個人的な目標として「カッコいい女になる!」を掲げて活躍されています。

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました