オカダ・カズチカの愛車はフェラーリ?年収と声優の嫁についてもご紹介!

スポンサーリンク
オカダ・カズチカの愛車はフェラーリ?年収と声優の嫁についてもご紹介! ニュース

現在の日本のプロレス界を代表するスーパースター、オカダ・カズチカ。

彼の愛車、フェラーリへの愛情はどこから来ているのか?

また、年収はどれぐらいなのか?彼の嫁は誰なのか?

この記事ではオカダ・カズチカさんについて書いています。

スポンサーリンク

オカダ・カズチカとは

日本のプロレス界を代表するスーパースター、オカダ・カズチカ。

彼の輝かしい経歴とプロレス界での実績について解説します。

プロフィールと経歴

オカダ・カズチカは1987年11月8日生まれ、愛知県安城市出身で、身長191cm、体重107kgの恵まれた体格を持つプロレスラーです。

小学5年生の時、母親の郷里である長崎県五島列島の自然に引かれ、自分の意志で1年半の間「山村留学」として同地に住みました。

中学時代は野球に打ち込み、陸上では100メートル走で愛知県大会1位を記録しました。

プロレスの世界には中学時代に興味を持ち始め、16歳でメキシコに渡り、ULTIMO DRAGON GYM 闘龍門に入門しました。

2004年にはメキシコでプロレスデビューを果たし、新日本プロレスへの移籍、TNA(アメリカのプロレス団体)での武者修行を経て、2011年に新日本に凱旋帰国しました​

プロレス界での実績

オカダ・カズチカは新日本プロレスでの活躍が特に顕著で、IWGPヘビー級チャンピオンを複数回獲得しています。

彼の代名詞とも言える「レインメーカー」は、世界中のプロレスファンに恐れられるほどの強力なフィニッシュ技です。

また、彼はG1クライマックスをはじめとする多くの大会で優勝し、その技術とカリスマで数々の記録を打ち立てています。

オカダの試合はプロレスというスポーツ自体を革新し、新たな時代を築いたと言えるでしょう。

彼の活躍は日本国内に留まらず国際的な舞台でも高く評価されており、プロレス業界全体において彼の名は不動のものとなっています。

オカダ・カズチカの年収

プロレス界のスター、オカダ・カズチカの年収は、彼の実力と人気の高さを反映しています。

ここでは、彼の収入について詳しく見ていきましょう。

プロレスラーとしての収入

オカダ・カズチカの主な収入源は、プロレスラーとしての活動によるものです。

彼は新日本プロレスでの輝かしい成績を収めており、IWGPヘビー級チャンピオンなどのタイトルを獲得しています。

これらの成功は彼の収入に直接影響を与えており、試合出場料、勝利賞金、年間契約に基づく給与などが含まれます。

彼の年収は約5000万円と推定されており、これは日本のプロレス界におけるトップクラスの収入です​​。

スポンサー契約とその影響

オカダ・カズチカはその人気と実力から多くのスポンサー契約を結んでいます。

たとえば、スポーツ用品メーカーや飲料ブランドなどとの契約は彼の収入に大きく貢献しています。

これらの契約による収入には商品の広告や宣伝活動、イベント出演料などが含まれます。

彼のメディア出演や広告キャンペーンへの参加も、彼の年収を大きく押し上げる要因となっています。

これらの活動は、オカダの知名度高めるだけでなく、プロレス界全体の注目度を上げる効果もあります。

プロレスラーの愛車事情

プロレス界のスター、オカダ・カズチカは、彼の愛車に特別な思い入れを持っています。

フェラーリへの愛情のきっかけ

オカダ・カズチカの愛車は、世界的に有名なイタリアの高級スポーツカーブランド、フェラーリです。

彼のフェラーリへの情熱は、父親の影響から来ています。

彼の父親は農協の職員で、フェラーリの愛好家だったことが知られています。

父親はフェラーリの「308GTS」というモデルを所有していました。

この車は中古でも約2000万円の価値がある高級車で、オカダのフェラーリへの愛情は父親からの影響を受けていることが伺えます​​​​。

父親が所有するフェラーリをオカダ自身も運転する機会があったとされています。

このような背景から、彼の愛車は父親との絆や家族の歴史を象徴するものとなっています。

オカダ・カズチカの愛車フェラーリ

オカダ・カズチカの愛車は、高級スポーツカーブランド「フェラーリ」の「488 GTB」というモデルです。

彼はこの車をフルオーダーメイドでカスタマイズしており、その価格は約3600万円にもなります。

オカダ・カズチカの家族

オカダ・カズチカの私生活では彼の家族のことが大きな割合を占めています。

彼の妻である三森すずことの関係は、彼の人生における重要な側面を形成しています。

声優の嫁との出会い

オカダ・カズチカの妻、三森すずこ声優および女優として活躍しています。

彼女は「ラブライブ!」での園田海未役や「ヒーリングっど♥プリキュア」の風鈴アスミ役など、多くのアニメ作品で声を担当しています​​。

二人の出会いは、共通の関心事であるプロレスを通じて起こりました。

三森はプロレスファンであり、彼女がアニメ「タイガーマスクW」で声優を務めたことからオカダとの関係が始まりました。

オカダは同アニメに登場するキャラクターのモデルとなっており、アニメのイベントで共演したことがあります​​​​​​。

プライベートな家族エピソード

オカダ・カズチカは2019年4月12日三森すずこと結婚したことをSNSを通じて発表しました​​。

2022年8月には、二人に第一子となる男の子が誕生しました​​​​。

オカダは新日本プロレスのプロレスラーとして初めて育休を取得し、家族との時間を大切にする姿勢を見せています。

彼は息子との時間を増やし、妻に負担をかけたくないという理由から育児休暇を取得しました​​。

オカダ・カズチカのその姿勢は、彼のキャリアにおける人間性の豊かさとバランスを示しています。

プロレスラーとしての彼の強さとは対照的に、家庭での温かい側面を示すエピソードと言えるでしょう。

プロレスラーの年収ランキング

プロレス界における年収は、レスラーの人気や実績に大きく左右されます。

特にトップレスラーたちは、その実力と人気に見合った高額な年収を得ています。

以下は、具体的なプロレスラーの年収の一部です。

分かりやすくするために、かなり昔の人気レスラーを中心にしてみました。

  1. オカダ・カズチカ:約5000万円​
  2. 棚橋弘至:約3000万円
  3. 武藤敬司:約5000~8000万円​​​
  4. 長州力:約4000~5000万円​​​
  5. 橋本真也:約4000万円​​​
  6. 佐々木健介:約3000万円​​​
  7. 藤波辰爾:約2000~3000万円​​​
  8. ジャンボ鶴田:約2000~3000万円​​​
  9. マサ斉藤:約2000~2500万円​
  10. 小島聡:約1500~2000万円​
  11. 大谷晋二郎:約1500万円​​​

新日本プロレスの選手の年俸は数十万円から数千万円の幅があると言われています​​。

これらの年収は、プロレスラーとしての実力、人気、メディア露出など様々な要因によって決まります。

トップレスラーたちの年収は非常に高く、プロレス界の最盛期には年収1億円を超えるアントニオ猪木のようなレスラーもいました​​。

しかし、若手レスラーやまだそれほど有名でない選手は、年収が低いためにアルバイトを行うこともあります。

まとめ

オカダ・カズチカは1987年生まれの日本のプロレスラーで、新日本プロレスに所属しています。

身長191cm体重107kgの彼は、プロレス界で活躍しIWGPヘビー級チャンピオンを複数回獲得しています。

彼の代名詞とも言える「レインメーカー」は強力なフィニッシュ技です。

彼の年収は約5000万円と推定され、その収入にはプロレスラーとしての活動の他に、スポンサー契約も含まれています。

彼の愛車はフェラーリ「488 GTB」で、彼の父親が農協の職員でフェラーリの愛好家であったことが影響しています。

彼の妻は声優および女優の三森すずこで、共通の関心事であるプロレスを通じて出会いました。

二人は結婚し、子供が誕生しています。

プロレスラーの年収は実力や人気により異なり、トップレスラーは年収数千万円以上を得ていますが、若手や無名の選手は低い年収でアルバイトをすることもあります。

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました