今年こそは行きたい!2024平取町・日高町・むかわ町観光物産展完全ガイド

スポンサーリンク
今年こそは行きたい!2024平取町・日高町・むかわ町観光物産展完全ガイド イベント

今年こそは行きたい!2024平取町・日高町・むかわ町観光物産展完全ガイド」へようこそ。

毎年、北海道の魅力がぎゅっと詰まったこの観光物産展に行こうと思いつつ、忙しさに追われてなかなか足を運べなかったあなた。

今年こそは、と心に決めている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、2024年に開催される平取町、日高町、むかわ町の観光物産展の魅力を余すところなくご紹介します。

どんな特産品があるのか、どのようなイベントが予定されているのか、事前に知っておきたい情報をわかりやすくまとめました。

また、過去に訪れたことがある方も、今年はどんな新しい発見があるのか、新鮮な気持ちで展示会を楽しめるヒントも盛り込んでいます。

観光物産展はただのお祭りではなく、地元の人々の暮らしや文化が感じられる貴重な機会です。

手に取る一つ一つの商品には、作り手の想いが込められています。

さあ、2024年の平取町・日高町・むかわ町観光物産展を満喫しましょう。

スポンサーリンク

観光物産展の概要

項目 説明
開催期間 2024年3月13日(水)~3月14日(木)
開催場所 北海道札幌市中央区北4条西6丁目,ホテルポールスター札幌 1階屋外特設会場
営業時間 3月13日: 11:00~18:00, 3月14日: 10:00~17:00
アクセス 地下鉄南北線さっぽろ駅から徒歩6分、JR札幌駅から徒歩8分、大通駅から徒歩12分
駐車場 なし
お問い合わせ 0145-42-2416 むかわ町経済産業課商工観光グループ

平取町・日高町・むかわ町観光物産展は、北海道の魅力が詰まった各町の特産品を集めるイベントです。

この展示会では、各町独自の美味しい食材や加工品・工芸品など多岐にわたる商品が展示販売されます。

参加する各町は、来場者にそれぞれ特色ある商品と楽しい体験を提供します。

この物産展は、地域の新鮮な食材や食品等を直接手に取って見ることができる絶好の機会であり、北海道の豊かな自然と文化を感じることができます。

開催日と時間

2024年の平取町・日高町・むかわ町観光物産展は、3月13日(水)から3月14日(木)にかけて開催されます。

初日の3月13日は11:00から18:00まで、翌日の3月14日は10:00から17:00までの開催となり、二日間で多くの来場者が予想されます。

開催期間中は、様々な特産品の展示だけでなく、食べ物や飲み物の試食、そして各地からのパフォーマンスなど多彩なイベントが行われる予定です。

開催場所の詳細

この観光物産展は、北海道札幌市中央区にあるホテルポールスター札幌の1階屋外特設会場で開催されます。

この会場は、地下鉄南北線さっぽろ駅から徒歩約6分の位置にあり、アクセスが非常に便利です。

会場では各町の特産品が展示され、来場者は自由に歩き回って各ブースを訪れることができます。

会場には専用の駐車場がないため、公共交通機関を利用することが推奨されます。

各町の特産品紹介

物産展で販売される、平取町・日高町・むかわ町それぞれの町の特産品について紹介します。

平取町の特産品

平取町は、豊かな自然環境の中で育まれた「びらとり和牛」「びらとり黒豚」で知られています。

びらとり和牛は、その上質な肉質とジューシーな風味で、肉愛好家から高い評価を受けています。

また、びらとり黒豚は、甘みと旨味が特徴で、様々な料理でその味を楽しむことができます。

このほかにも、地元で栽培された新鮮なトマトを使用した「トマトジュース」や、地元の素材を生かした「ニプタイデラックスクッキー」も平取町のおすすめの特産品です。

日高町の特産品

日高町は、海の幸が豊富な地域として知られています。

特に、地元で水揚げされた新鮮な海産物を使った「ちんみ」は、日高町の代表的な特産品です。

さらに、地元で作られた「チーズ」や「ヨーグルッペ」も、そのクオリティの高さで人気があります。

これらの特産品は日高町の豊かな自然と食文化を代表するもので、訪れる人々に新鮮な味わいとともに地域の魅力を伝えています。

むかわ町の特産品

むかわ町は、「ししゃも」の産地として有名です。

むかわ町で獲れるししゃもは、その独特の風味とプリプリとした食感で知られています。

また、地元で醸造される「日本酒」は米の風味を生かした深い味わいが特徴で、多くの酒愛好家から愛されています。

さらに、むかわ町では「にら」と「しいたけ」も特産品として有名で、それぞれが地元の料理や加工品に使われ訪れる人々に提供されています。

観光物産展で食べられるもの

ランチビュッフェの詳細

2024年の平取町・日高町・むかわ町観光物産展では、ホテルポールスター札幌1Fにある「Dining&Bar179」で特別なランチビュッフェが用意されます。

このランチビュッフェでは、3町の特産品をふんだんに使った様々なメニューが提供される予定です。

平取町からは「びらとり和牛」や「びらとり黒豚」、日高町からは新鮮な海産物、むかわ町からは「ししゃも」や「にら」を使用した料理が登場します。

ランチビュッフェは、2024年3月13日(水)と14日(木)の2日間限定で開催され、開催時間は両日とも11:00から18:00までです。

来場者はこれらの地元産の食材を使った多彩な料理を楽しむことができます。

このビュッフェは観光物産展の見どころの一つであり、各町の味を存分に味わうことができる絶好の機会となっています。

ビュッフェで提供される料理は、それぞれの町の特色を生かしたもので、訪れる人々に地元の味を直接体験してもらうことを目的としています。

食事を通して、平取町・日高町・むかわ町の豊かな食文化を感じ取ることができるでしょう。

このランチビュッフェは、地元の食材の良さを再発見する機会として、多くの来場者に楽しまれています。

アクセス情報

公共交通機関でのアクセス

平取町・日高町・むかわ町観光物産展は、ホテルポールスター札幌で開催されます。

この会場へのアクセスは、公共交通機関を利用することが便利です。

最寄りの駅は、地下鉄南北線の「さっぽろ駅」で、駅からは徒歩約6分の距離にあります。

また、「大通駅」からもアクセス可能で、徒歩で約12分ほどかかります。

公共交通機関を利用する際は、時間帯や交通状況を事前にチェックして、余裕をもって出発することをお勧めします。

車でのアクセス

車を利用してのアクセスも可能ですが、ホテルポールスター札幌には専用の駐車場がありません

そのため、近隣のコインパーキングを利用する必要があります。

札幌市中央区には多数のコインパーキングがあるので、事前に場所を調べておくと良いでしょう。

ただし、イベント期間中は周辺の駐車場が混雑する可能性があるため、公共交通機関の利用を推奨します。

車で来場する場合は、時間に余裕を持って出発し、事前に駐車場情報を確認しておくことが大切です。

まとめ

2024年の平取町・日高町・むかわ町観光物産展は、ホテルポールスター札幌で開催され、3月13日から14日にかけての2日間、地元の特色ある特産品が一堂に会します。

平取町のびらとり和牛、日高町の海産物、むかわ町のししゃもなど、各町自慢の食材を使ったランチビュッフェは、この物産展の大きな魅力の一つです。

アクセスは、公共交通機関が便利で、特に地下鉄南北線さっぽろ駅からは徒歩約6分の距離にあります。

車での来場も可能ですが、専用の駐車場はないため、近隣のコインパーキングを利用することになります。

この物産展は地元の味と文化を深く知る絶好の機会であり、訪れるすべての人に新たな発見と楽しい体験を提供します。

今年こそは、この特別なイベントを体験しにぜひ足を運んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました