日本人野球選手はMLBで通訳をつけるのに、なぜ海外サッカー選手はつけないのか?

スポンサーリンク
日本人野球選手はMLBで通訳をつけるのに、なぜ海外サッカー選手はつけないのか? 気になる

MLBで活躍する日本人の野球選手に通訳がつくことが多い理由と、海外チームで活躍するサッカー選手は通訳を付けない理由について、それぞれ詳しく説明します。

スポンサーリンク

野球における通訳の役割

野球では、通訳は主に以下の役割を担います。

  • 監督やコーチの指示を選手に伝える
  • 選手の意思を監督やコーチに伝える
  • 試合中の相手チームの会話やベンチの指示を聞き取る
  • 試合後のインタビューをサポートする

野球は、サインやジェスチャーで意思疎通できる場面も多いですが、監督やコーチの指示は複雑な場合もあり、通訳が介在することで、より正確な意思疎通が可能になります。

サッカーにおける通訳の役割

一方、サッカーでは、通訳がいる場合は主に以下の役割を担います。

  • 監督やコーチの指示を選手に伝える
  • 選手の意思を監督やコーチに伝える
  • 試合中の相手チームの会話やベンチの指示を聞き取る

サッカーは、野球よりもコミュニケーションの頻度が高く、状況変化も速いため、通訳を介していると、意思疎通が遅れてしまう可能性があります。

野球とサッカーにおける通訳の必要性の違い

野球とサッカーにおける通訳の必要性の違いは、以下の3点です。

  • コミュニケーションの頻度

野球は、サインやジェスチャーで意思疎通できる場面も多いですが、サッカーは、常に声を掛け合い、コミュニケーションを取る必要があるスポーツです。

  • 状況変化の速度

野球は、比較的ゆっくりとしたテンポで進行しますが、サッカーは、状況が瞬時に変化するスポーツです。

  • 戦術の複雑さ

野球は、比較的シンプルで事前に伝達しやすい戦術ですが、サッカーは状況によって変化する複雑な戦術を駆使するスポーツです。

日本人の野球選手が通訳をつける理由

野球

日本人の野球選手が通訳をつける理由は、主に以下の3点です。

  • メジャーリーグなど、海外のリーグでプレーする場合

メジャーリーグなど、海外のリーグでプレーする場合、英語が話せない選手は、通訳を付けなければ、日常生活やチーム活動に支障をきたします。

  • まだ語学力が十分ではない選手

まだ語学力が十分ではない選手は、通訳を付けることで、意思疎通をスムーズに行うことができます。

  • 文化や習慣の違い

日本と海外では、文化や習慣が大きく異なるため、通訳を付けることで、誤解を防ぐことができます。

サッカー選手が通訳を付けない理由

サッカー

サッカー選手が通訳を付けない理由は、主に以下の4点です。

  • コミュニケーションの密度

サッカーは、常に声を掛け合い、コミュニケーションを取る必要があるスポーツなので、通訳を介していると、意思疎通が遅れてしまう可能性があります。

  • ピッチ上の状況変化への対応速度

サッカーは、状況が瞬時に変化するスポーツなので、通訳を介していると、状況変化への対応が遅れてしまう可能性があります。

  • 監督やコーチとの信頼関係

サッカー選手は、監督やコーチと密接なコミュニケーションを取る必要があるので、通訳を介していると、信頼関係を築きにくい場合があります。

  • 語学力の向上

多くのサッカー選手は、海外でプレーすることを目標にしているので、積極的に語学を学び、通訳なしでコミュニケーションを取れるように努力しています。

近年の傾向

近年は、語学力を向上させるために、海外留学や語学学校に通うサッカー選手が増えています。また、クラブチームによっては、選手に語学教育を提供しているところもあります。

今後も、サッカー選手が通訳を付けないケースは増えていくと考えられます。

まとめ

野球とサッカーでは、試合のテンポやコミュニケーションの頻度、戦術の複雑さなどが異なるため、通訳の必要性も異なります。

日本人の野球選手は、海外でプレーする場合やまだ語学力が十分ではない場合など、通訳をつけるケースが多いですが、サッカー選手は、コミュニケーションの密度や状況変化への対応速度などを考慮して、通訳を付けないケースが多いです。

補足

上記は一般的な傾向であり、すべての選手に当てはまるわけではありません。個々の選手の状況や環境によって、通訳の必要性は異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました