滑らない・防水・防寒のスノーブーツが北海道のような雪国では必需品!

スポンサーリンク
COLUMBIA サップランド ツー ウォータープルーフ オムニヒート インフィニティー ウィンターブーツ 気になる
滑らない・防水・防寒のスノーブーツが北海道のような雪国では必需品!

冬の北海道では、気温が氷点下にさがり、雪が降って道路が圧雪・アイスバーンに

なるのが日常的な光景です。

寒さ厳しい日々においては、足元を考えることがとても大切。

そのため、スノーブーツはまさに必需品と言えるでしょう。

スノーブーツは、雪や氷上での滑りにくさや防水性、防寒性に優れた靴です。

この記事では、スノーブーツの特長や選び方、おすすめの商品など、

雪国の冬を楽しむための靴を紹介します。

スノーブーツの魅力を知り尽くし、冬の寒冷地で快適に歩きましょう。

スノーブーツには様々なタイプがありますが、その中で共通して重要なのは、

「滑らない」「防水」「防寒」の3つの要素です。

靴が滑らないために、アウトソール(地面と接する部分)に

 多彩な溝や突起や特殊素材が施され、雪や氷の上でのグリップ力を向上させます。

靴の防水性のために、アッパー(足の甲の側)に採用される素材は

 水を通しにくい性質を持っています。

靴の防寒性のために、裏地や中綿に使用される素材が優れた保温性を持っており、

 寒冷な日々でも足元を温かく保ちます。

3つの要素を考えて、自身の歩行環境や目的に応じた最適なスノーブーツを選ぶことが大切です。

以下の記事では、スノーブーツの選び方とおすすめの商品について具体的に解説しています。

  • [滑らないアウトソールのタイプ5つ]
  • [防水性と撥水性の違いとそのチェック方法]
  • [防寒性と保温性の高い裏地と素材]

スノーブーツは、雪国の冬を快適に過ごすために不可欠なアイテムです。

この記事を参考にして、あなたにぴったりのスノーブーツを見つけてください。

寒い季節も、心地よく楽しむことができるでしょう。

スポンサーリンク
  1. スノーブーツって何?雪国や北海道で必需品の理由
    1. スノーブーツの特徴と定義
    2. 雪国や北海道での必要性と一番重要な3つのポイント
    3. スノーブーツを選ぶその他の3つのポイント
  2. 一番大切なのはとにかく滑らないこと! 5つの防滑ソールのタイプ
    1. ラバー素材のソール
    2. ラグソール
    3. ピンスパイク
    4. 折りたたみ式スパイク
    5. ガラス繊維やセラミック繊維を配合したソール
  3. 防水性と撥水性の違いと確認ポイント
    1. 防水性のポイント
    2. 撥水性のポイント
  4. 防寒性と保温性の高い裏地と素材
    1. ボア
    2. フリース
    3. ダウン
  5. この冬一番のおすすめ「COLUMBIA サップランド ツー ウォータープルーフ オムニヒート インフィニティー ウィンターブーツ」をご紹介します。
    1. 防水性と保温性
    2. とにかく滑りにくい!
    3. スニーカー感覚で快適な履き心地
  6. 「COLUMBIA サップランド ツー ウォータープルーフ オムニヒート インフィニティー ウィンターブーツ」の口コミ
    1. 口コミ1: 北海道の寒冷地で頼りになる一足!★★★★★
    2. 口コミ2: 寒波も吹き飛ばす最高の保温力!★★★★★
    3. 口コミ3: 妻の笑顔が一番の満足度!★★★★★
    4. 口コミ4: 防水性と保温性は良いが、ジッパーに注意★★★☆☆
  7. 「COLUMBIA サップランド ツー ウォータープルーフ オムニヒート インフィニティー ウィンターブーツ」のFAQ
    1. サイズ感はどうですか?
    2. 防水性はどの程度ですか?
    3. 保温性はどの程度ですか?
    4. デザインはどんな感じですか?
    5. この商品のコスパはどうですか?
  8. まとめ

スノーブーツって何?雪国や北海道で必需品の理由

冷え込みが厳しい北海道の冬、快適な足元をキープするのに欠かせないのがスノーブーツです。

では、具体的にスノーブーツとはどのような靴なのでしょうか?

そして、なぜ雪国ではスノーブーツが不可欠なのでしょうか。

スノーブーツの特徴や定義、雪深い地域での必要性、選ぶ際の3つのポイントについて解説いたします。

スノーブーツの特徴と定義

スノーブーツは、雪や凍結した路面で滑らず歩きやすく、防水性や防寒性に優れた靴のこと。

これらの特長を要約すると以下の通りです。

●アウトソール(靴底)には、雪や氷上でも優れたグリップ力を発揮する溝や

 突起や特殊素材が多く使われます。

 同時に柔軟で弾力性のある素材が採用され、歩きやすさと衝撃吸収性が高まります。

●アッパー(靴の甲部分)には、防水性や撥水性が高い素材が使われます。

 雨や雪で濡れず、靴の中をドライに保ちます。防風性や通気性も考慮されています。

●裏地には、ボアやフリースなどの高い断熱性能を持つ素材が採用され、

 寒冷地でも足を暖かく包み込んでくれます。

 ムレにくい素材や抗菌防臭加工も一般的です。

これらの特長によって、スノーブーツは雪や氷上での滑らない歩行だけでなく、

足元の快適さ保ちます。

雪国や北海道での必要性と一番重要な3つのポイント

北海道などの雪国では、冬季に積雪や路面の凍結が頻発します。

通常の靴では滑って歩きづらく、かかとやつま先が冷えやすいという課題が生じます。

スノーブーツが必要とされる理由は以下の通りです。

●グリップ力が高いアウトソールにより、滑りやすい路面での転倒リスクを低減できます。

 同時に、歩きやすさや衝撃吸収力が向上し、足や膝への負担が軽減されます。

●防水性や撥水性の高いアッパーは、雨や雪で足が濡れることを防ぎます。

 防風性や通気性も考慮され、足の湿気調節がしやすくなります。

●保温性の高い裏地により、極寒の日でも足元を暖かく保てます。

 ムレにくい素材や抗菌防臭加工が足の衛生をサポートします。

スノーブーツは、北海道などの雪国の寒冷地域で足元の快適さや安全性を確保します。

スノーブーツを選ぶその他の3つのポイント

スノーブーツを選ぶ上で他に考慮すべき3つのポイントは次の通りです。

サイズ感: 通常の靴よりもワンサイズ大きめがおすすめです。

  これは、厚手の靴下や裏地を考慮したもので、紐タイプはフィット感を高めることが可能です。

デザイン: 機能性だけでなく、デザインも重要です。

  丈の長さや豊富なカラーバリエーションから、自分好みに合ったものを選びましょう。

価格: ブランドや素材、機能により価格が異なります。

  自身の予算や使用シーン、使用頻度に合わせ、様々な選択ができます。

これらのポイントを踏まえ、自身に最適なスノーブーツを見つけましょう。

以上が、スノーブーツの特徴と定義、雪国や北海道での必要性、

そして選ぶ際の重要な3つ(+3つ)のポイントについての解説でした。

スノーブーツは冬の足元を快適にし、安全な歩行をサポートする頼もしいアイテムです。

この記事を参考に、あなたにとって理想的なスノーブーツを見つけてください。

一番大切なのはとにかく滑らないこと! 5つの防滑ソールのタイプ

寒い冬の季節、滑らないために不可欠なのが防滑ソールです。

ここでは、雪道や凍結路面で滑らないための様々な防滑ソールの特長と、

選び方のポイントを紹介します。

ラバー素材のソール

ラバー素材はスノーブーツで頻繁に見られる防滑ソールの素材の一つです。

自動車のタイヤにも使用されているこの素材は、耐久性に優れ、高い摩擦力を発揮します。

雪や凍結路面での滑りにくい歩行を実現します。

ラグソール

凹凸の形状が滑りにくさに影響を与えます。

深い溝や凹凸を備えたラグソールは、グリップ力を向上させ、歩く時の安定感を増加させます。

凹凸のあるソールは滑りやすい路面でも安心して歩けるアウトソールです。

ピンスパイク

ピンがソールに埋め込まれたピンスパイクのソールは、凍結路面で力を発揮します。

氷にしっかりと食い込むことで、歩行時の滑りを抑制し、安全性を向上させます。

ただし、店などに入った時に硬い床での使用時には「カチカチ」という音が気になります

折りたたみ式スパイク

かかと部分に折りたたみできるスパイクが付いたソールがあります。

滑りそうな場面ではスパイクを使用し、必要のない場所ではスパイクを折りたたんで無音で利用できます。

使い勝手の良さが魅力です。

ただし、店などに入った時に足の裏のスパイクを畳むのは人によっては少し大変かもしれません

ガラス繊維やセラミック繊維を配合したソール

そして近年主流となっているのが、ガラス繊維やセラミック繊維を含む防滑ソールです。

これらの繊維をブレンドすることで、滑りにくさが向上します。

ピンスパイクとは異なり、凍結路面でも滑らないのに床を傷つけず、音の心配もありません。

今一番のおすすめは「ガラス繊維やセラミック繊維を配合したソール」と言えるでしょう。

防水性と撥水性の違いと確認ポイント

また、スノーブーツ選びにおいて大切なのが防水性と撥水性の違いを理解することです。

これらの言葉は水に対する性質を示すものであり、その効果や意味合いには微妙な違いがあります。

ここでは、防水性と撥水性の違いと、それを確かめる方法を解説します。

防水性のポイント

防水性とは、靴の中への水の浸入を防ぐ性能のことを言います。

高い防水性を有するスノーブーツは、雨や雪に濡れても足の中までは濡れません。

その素材や構造が特徴的で、一般的には合成皮革やナイロンに防水フィルム

メンブレン(防水・透湿性のある膜状の素材のこと)が施された製品が効果的です。

縫い目やファスナー部分にも防水テープや防水ジッパーが採用されています。

防水性の確認方法は、製品の説明やタグに「防水」「ウォータープルーフ」

の表記があるか確認することです。

さらに、靴の内部に防水メンブレンのロゴがあれば、高い防水性が期待できます。

代表的な防水メンブレンには「ゴアテックス」や

COLUMBIAの「アウトドライ」、「オムニテック」などがあります。

撥水性のポイント

撥水性は、水をはじく性能のことを言います。

高い撥水性を持つスノーブーツは、水滴や雪片が表面に付着しにくく

汚れやシミになりにくい特長があります。

素材には主に撥水剤やワックスの加工が施されます。

通常、天然皮革やスエードなどの素材に多く見られます。

撥水性の確認方法は、靴の表面に水をかけてみることです。

水が玉になり、はじかれる場合は、高い撥水性を有しています。

商品の説明やタグに「撥水」「ウォーターレジスタント」の表記が

あるかどうかもチェックできます。

また、表面がワックスで艶やかな場合も、撥水性が高いことを示します。

撥水性のある靴は、通気性が高くデザイン性に富んでいますが、

「防水」ではないため完全に水を防ぐことはできません

以上が、防水性と撥水性の違いと確認方法の解説です。

スノーブーツの選択において、歩行環境や目的に応じて、

「防水」と「撥水」のどちらを選択するか良く考慮することが重要です。

防寒性と保温性の高い裏地と素材

通勤や通学でスノーブーツを使用する北国の住民にとっても「防寒性」は大切です。

しかし、北海道への旅行者にとってはそれ以上に「防寒性」も大切です。

旅行で北海道に来た場合は、観光地へ行って歩きまわったり、

イベントに参加するなど、外にいる時間が長くなると思います。

そんな時快適に過ごすには「防寒性」が大切になります。

ボア

ボアは、毛足の長いふわふわ素材で、空気をたっぷりと含んで高い保温性をもっています。

その柔らかな感触と暖かさは非常に魅力的で、軽量で通気性も優れ

ムレにくいという特長があります。

スノーブーツの裏地としてよく利用され、その見た目も可愛らしさを加えています。

フリース

フリースは、化学繊維で作られた毛布のような素材で、高い保温性、速乾性、耐久性を備えています。

軽量かつ伸縮性があり、履き心地が快適です。

スノーブーツの裏地やインソールに頻繁に使用され、多彩なカラーバリエーションも楽しめます。

ダウン

ダウンは、鳥の羽毛の中でも特に胸や腹部にあるふわふわした部分を指します。

多くの空気を含んでいて、高い保温性と柔らかさがあります。

吸湿性や通気性も抜群で、ムレにくいという特徴があります。

一部のスノーブーツの中綿として活用され、そのふっくらとした見た目も魅力の一つです。

以上が、防寒性と保温性に優れた裏地と素材の説明です。

スノーブーツを選ぶ際には、足の感触や暖かさや好みに合わせて、裏地と素材を検討し、

冬のアクティビティを快適に楽しんでください。

この冬一番のおすすめ「COLUMBIA サップランド ツー ウォータープルーフ オムニヒート インフィニティー ウィンターブーツ」をご紹介します。

商品のご紹介です。

防水性と保温性

このアイテムは、防水加工された合成皮革と防水テープで作られたアッパーが特長です。

更に、防水ジッパーが付いており、雨や雪からの水の侵入を徹底的に防いで、

足元をいつでも快適に保ちます。

また、裏地にはコロンビア独自の保温機能「オムニヒートインフィニティ」を採用。

身体の熱を効果的に利用してシューズ内を暖かく保ちます。

寒さに負けず、暖かい足元で冬を乗り切りましょう。

とにかく滑りにくい!

冬の安全な歩行のためにはとにかく「滑りにくい」ことが一番大切です。

この商品は、ナイロンの7倍の強度を持つ繊維を配合した

ヴィブラム・アークティックグリップを採用したアウトソールが自慢です。

積雪や凍結がある厳しい状況下でも、ヴィブラムオリジナルソールが確実なグリップを提供。

硬化せず、氷上でも安定した歩行が可能です。

-20℃の低温環境でも頼りになります。

安全面もしっかりカバーして、冬のアクティブなライフスタイルをサポートします。

スニーカー感覚で快適な履き心地

おしゃれなデザインが特徴で、軽量かつクッション性を兼ね備えた素材を

ミッドソールやインソールに採用。

長時間の使用でも足への負担を軽減し、快適な履き心地を提供します。

さらに、豊富なカラーバリエーションで、カジュアルからフォーマルまで

さまざまなスタイルに合わせやすいのも魅力。

冬のファッションにもこだわりたい方におすすめです。

この冬、防水性、保温性、滑りにくさ、快適な履き心地をすべて手に入れて、

雪国の冷たい冬を満喫しましょう。

「COLUMBIA サップランド ツー ウォータープルーフ オムニヒート インフィニティー ウィンターブーツ」の口コミ

「COLUMBIA サップランド ツー ウォータープルーフ オムニヒート

インフィニティー ウィンターブーツ」の口コミです。

口コミ1: 北海道の寒冷地で頼りになる一足!★★★★★

冬の北海道での仕事にぴったりな一足です。

雪道や凍結した道でも安心して歩ける上、足元をしっかり暖かくキープ。

防水性も優れ、雪が解けても中は濡れません。

シンプルで洗練されたデザインはスーツにも合います。

サイズもぴったりで、履き心地も抜群。

コロンビアのスノーブーツ、間違いないおすすめアイテムです。

口コミ2: 寒波も吹き飛ばす最高の保温力!★★★★★

このスノーブーツの防水性と保温性は素晴らしいです。

オムニヒートインフィニティのおかげで足が冷え知らず。

ヴィブラム製のアウトソールは氷上でも安定のグリップ。

カジュアルなデザインもおしゃれで、ジーンズやチノパンにもピッタリ。

サイズ感も絶妙で、軽さと歩きやすさも魅力。

冬の足元をサポートする最適なスノーブーツです。

口コミ3: 妻の笑顔が一番の満足度!★★★★★

妻へのプレゼントに購入し、大成功!

防水性が高く、雨や雪の日でも安心感ばっちり。

保温性も申し分なく、妻は足元の温かさに大満足。

おしゃれなデザインと美しい色合いもポイント。

ジャストなサイズ感とフィット感も良好。品質とデザイン、

どちらも充実したコロンビアのスノーブーツはおすすめです。

口コミ4: 防水性と保温性は良いが、ジッパーに注意★★★☆☆

防水性と保温性は素晴らしいが、唯一の課題はジッパーの開け閉めが少し難しいこと。

ジッパーが硬く少し引っかかりやすいので、特に靴紐を結んだ後の操作が少し手間取るかもしれません。

ジッパーの改善があれば、さらに素晴らしい商品になるでしょう。

「COLUMBIA サップランド ツー ウォータープルーフ オムニヒート インフィニティー ウィンターブーツ」のFAQ

「COLUMBIA サップランド ツー ウォータープルーフ オムニヒート

インフィニティー ウィンターブーツ」のよくある疑問と答えをまとめました。

サイズ感はどうですか?

このブーツのサイズ感について、通常の靴よりもワンサイズ大きめがおすすめされています。

これは、厚手の靴下や裏地を考慮したサイズ設計で、

紐タイプはフィット感を高めるために調整可能です。

ユーザーレビューによれば、サイズ感には個人差があり、

ぴったりだと感じる方もいれば、少し大きかったと感じる方もいます。

購入前にサイズチャートを確認し、自分に合ったサイズを選ぶことをおすすめします。

防水性はどの程度ですか?

このブーツは、防水性が高い素材を使用しており、雨や雪で濡れずに足元をドライに保ちます。

実際のユーザーの声では、雪道や水たまりを歩いても全く濡れない

という評価が多く寄せられています。

優れた防水性は寒冷地や悪天候の日にも頼りになります。

保温性はどの程度ですか?

このブーツは、オムニヒートインフィニティと呼ばれる独自の保温技術を搭載しており、

体温を反射して足を暖かく包み込みます。

ユーザーレビューによれば、寒い日でも足が冷えなかったという声がほとんどです。

冷え性の方や寒冷地での使用においても信頼性の高い保温性が魅力です。

デザインはどんな感じですか?

このブーツは、シンプルでありながらスタイリッシュなデザインが特長で、

カジュアルなコーディネートにもマッチします。

4色のカラーバリエーション(ブラック、グレー、ネイビー、ブラウン)が用意されており、

ユーザーレビューによれば、デザインに非常に満足している方が多いです。

実際に履くことで、その魅力がより際立つでしょう。

この商品のコスパはどうですか?

このブーツの価格は2万円前後とややお高めですが、

高い機能性とデザイン性を兼ね備えた商品と言えます。

ユーザーレビューでは、価格に見合った品質であると感じる方が多く、

コスパに満足している声も目立ちます。

高品質な冬用ブーツを手に入れる上で、十分に投資する価値があると言えるでしょう。

まとめ

北海道などの雪国では、滑らない、防水、防寒といった3つの特長を持つ

スノーブーツが非常に必要不可欠です。

これらのブーツは、雪や氷の上でもしっかりとしたグリップ力を提供し、

さらに防水性や保温性にも優れています。

それだけでなく、ファッション性も兼ね備え、通常の靴としても活用できるおしゃれなアイテムです。

スノーブーツを選ぶ際には、裏地や素材、アウトソール、防水性などのポイントに留意し、

自分の歩く環境や目的に合ったものを選ぶことが非常に重要です。

この記事では、それぞれのポイントを詳しく解説し、選び方やおすすめ商品もご紹介しています。

是非、これらの情報を参考にして、スノーブーツを履くことで

雪国の冬をより快適に楽しんでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました