北海道神宮初詣2024: 混雑回避と出店&駐車場の完全ガイド!

スポンサーリンク
北海道神宮初詣2024: 混雑回避と出店&駐車場の完全ガイド! イベント


初詣は新年の幕開けを祝う大切な行事ですが、多くの人々が同じ思いで神社を訪れるため、

混雑は避けられない悩みですよね。

この記事では、そんなあなたの悩みを解消するため、

2024年の北海道神宮初詣での混雑を上手に避ける方法

おすすめの出店情報、駐車場の詳細について詳しくご紹介します。

北海道神宮は、その歴史と文化に根ざした魅力が多くの参拝者を引きつけます。

特に1月1日は参拝者が大変多くなり、混雑することが予想されます

そこで、最適な参拝時間や混雑を避けるためのヒントを提供します。

さらに、屋台出店の営業時間や種類、美味しい食べ物や楽しい体験ができる屋台

についても触れています。

また、公共交通機関を利用する方法や、車で訪れる際の駐車場について解説しています。

この記事を読むことで、2024年の北海道神宮初詣をより快適に、

そして思い出深いものにするための準備をしましょう。

スポンサーリンク

北海道神宮初詣2024: 歴史と参拝時間について

2024年を北海道神宮への初詣で始めましょう。

最初に北海道神宮の文化や歴史と初詣の時間について解説します。

北海道神宮の文化と歴史

北海道神宮は、札幌市にある北海道を代表する神社です。

明治2年(1869年)に設立されたこの神社は、北海道の開拓の歴史と密接に関連しています。

当初は「札幌神社」と呼ばれていましたが、昭和39年(1964年)に現在の名称に改称されました。

豊かな緑に囲まれたこの神社は、毎年初詣で約80万人の参拝者を迎え、

札幌の主要なパワースポットとしても知られています​​。

北海道神宮初詣2024:時間について

以下は、2024年の北海道神宮初詣の参拝時間です

日付参拝時間
12月31日7:00 – 16:00
1月1日0:00 – 19:00
1月2日 – 3日6:00 – 18:00
1月8日以降7:00 – 16:00

この表は、2024年の北海道神宮初詣での各日の参拝可能時間をまとめたものです。

特に元旦は深夜0時から参拝が可能で、他の日に比べて長い時間帯で参拝することができます。

北海道神宮初詣2024の参拝時間は、12月31日は7:00~16:001月1日は0:00~19:00

1月2日から3日は6:00~18:001月8日以降は7:00~16:00となっています。

特に元旦は、深夜0時から参拝が可能で、多くの参拝者で賑わいます。

屋台出店時間に関しては、12月31日22時から1月14日の夕方までの予定で、

特に12月31日から1月1日の年越しは、22時から2時まで営業しています。

1月1日から14日ごろまでは、主に午前10時から午後3時ごろまで営業する屋台が多いです。

屋台は、参道の両側に約50店舗が出店し、定番の食べ物や飲み物から珍しいメニューまで楽しめます​​​​。

混雑回避の秘訣

北海道神宮の初詣は、毎年多くの参拝者が訪れるため、特に混雑が予想されます。

混雑を避けて快適に参拝するためのポイントをご紹介します。

計画的な行動で、初詣の時間をより充実したものにしましょう。

混雑予想とピークタイム

北海道神宮の初詣では、特に1月1日から3日までの期間が混雑ピークとなります。

特に1月1日は、深夜0時の年越し時から朝方にかけて

そして正午頃が最も混雑する時間帯となっています。

混雑を避けたい場合は、これらの時間帯を避けて訪れることをお勧めします。

また、1月8日以降は比較的空いているため、ゆっくりと参拝を楽しむことができます​​。

混雑を避けるために

混雑を避けるためには、以下のポイントに注意してください。

  1. 事前の計画:混雑する時間帯を避けて、参拝の計画を立てましょう。特に午前中早い時間帯や夕方以降は比較的空いていることが多いです。
  2. 公共交通機関の利用:駐車場が混雑するため、できるだけ公共交通機関を利用しましょう。札幌市内からのアクセスも便利です。
  3. 屋台の利用時間の調整:屋台も混雑することがありますので、ピークタイムを避けて利用すると良いでしょう。屋台は1月1日から14日ごろまで営業しており、午前10時から午後3時ごろが比較的空いています​。

出店の楽しみ: 2024年の特色

北海道神宮初詣の魅力の一つは、多彩な屋台の出店です。

2024年も、参道を彩る様々な屋台が訪れる人々を楽しませます。

ここでは、屋台の種類と特色、営業時間に焦点を当ててご紹介します。

参拝だけでなく、美味しい食事や楽しい体験も初詣の素敵な思い出になるでしょう。

屋台の種類と特色​​​

北海道神宮の初詣では、約50店舗の屋台が出店します。

これらの屋台は、境内に続く参道の両側に並び、

定番の食べ物や飲み物から珍しいメニューまで提供します。

北海道神宮の初詣で例年見られる屋台とそれぞれの特徴は以下の通りです。

  1. 焼きそば:香ばしいソースの風味が特徴の、定番のお祭り料理。
  2. たこ焼き:外はカリッと中はトロッとした、人気のスナック。
  3. イカ焼き:新鮮なイカを使った、海の味わい豊かな逸品。
  4. お好み焼き:具材たっぷりの、ふわふわとした日本のピザ。
  5. ベビーカステラ:一口サイズで食べやすく、甘い香りが特徴。
  6. 焼き鳥:ジューシーな肉の串焼き、種類も豊富。
  7. チョコバナナ:甘いチョコレートがコーティングされたバナナ。
  8. クレープ:甘いクリームやフルーツが入った、フレンチスタイルの薄焼きパンケーキ。
  9. フルーツ飴:カラフルなキャンディーでコーティングされたフルーツ。
  10. 甘酒:ノンアルコールで体を温める、伝統的な日本の飲み物。
  11. フライドポテト:サクサクとした食感が楽しめる、定番のスナック。
  12. フランクフルト:ジューシーで味わい深い、定番のソーセージ。
  13. チュロス:外はサクサク、中はもちもちのスペインのお菓子。
  14. 綿飴:ふわふわの食感が楽しめる、甘いスナック。
  15. 芋餅:もちもちの食感と芋の甘さが特徴。
  16. 肉まん:あつあつの蒸しパンにジューシーな肉と野菜が詰まった中華まん。

これらの屋台は、北海道神宮初詣の楽しみの一つであり、

多くの参拝者が食事やおみやげ選びを楽しんでいます。

参拝者にとって、これらの屋台は初詣の醍醐味の一つと言えるでしょう。

北海道神宮初詣2024: 混雑回避と出店&駐車場の完全ガイド!

屋台の営業時間とおすすめの時間帯​​​​

屋台の営業時間は、12月31日22時から1月14日の夕方までとなっています。

特に1月1日から14日ごろまでは、主に午前10時から午後3時ごろまで営業する屋台が多いです。

1月3日までは屋台の数も多く、混雑が予想されますので、

時間帯をずらして訪れることをお勧めします。

また、年越しの夜は22時から2時まで特別に営業する屋台が多く、

年越しの雰囲気を楽しむのに最適な時間帯です。

屋台は、参拝の前後や合間に立ち寄るのに最適で、初詣の体験を一層豊かにしてくれるでしょう​​​​。


アクセスと駐車場情報

北海道神宮初詣へのアクセスや駐車場の情報は、訪問の計画を立てる上で非常に重要です。

特に初詣の時期は多くの参拝者が訪れるため、事前の情報収集がスムーズな訪問につながります。

以下では、電車やバスを使ったアクセス方法と駐車場の情報について詳しく解説します。

電車とバスでのアクセス方法

北海道神宮へのアクセスは、公共交通機関を利用することが便利です。

札幌市内からは、地下鉄の円山公園駅が最寄り駅で、そこから徒歩で約15分です。

また、市営バスも円山公園駅から運行しており、神宮の近くまで行くことができます。

初詣の期間中は、特別なバスルートが設定されることもあります。

これらの公共交通機関を利用することで、初詣の混雑を避け、

安全かつスムーズに訪れることができます。

駐車場情報

北海道神宮の周辺にはいくつかの駐車場がありますが、初詣の期間中は特に混雑が予想されます。

主な駐車場としては、北海道神宮北一条駐車場札幌市円山公園第一駐車場

北海道神宮南一条駐車場などがあります。

また、事前予約が可能な駐車場もあります。予約可能な駐車場には宮の森1条駐車場

円山西町1丁目駐車場などがあり、事前にオンラインで予約することで、

当日の駐車スペースを確保することができます

以下は、円山公園と北海道神宮周辺の主要な駐車場の詳細です

  1. 北海道神宮 北一条駐車場(西駐車場)
    • 徒歩時間: 神宮に近接
    • 料金: 入庫後30分無料、その後1時間毎に500円
    • 駐車スペース: 170台
    • 特徴: 六花亭 神宮茶屋店や第二鳥居が近い
    • 営業時間: 季節により異なる(通常 9:00~)
  2. 北海道神宮 南一条駐車場(東駐車場)
    • 徒歩時間: 北一条駐車場(西駐車場)より少し遠い
    • 料金: 入庫後30分無料、その後1時間毎に500円
    • 駐車スペース: 北一条駐車場(西駐車場)より小規模
    • 特徴: 第三鳥居や開拓神社に近い
    • 営業時間: 季節により異なる(通常 9:00~)
  3. 円山公園第一駐車場
    • 料金: 700円(全日)
    • 駐車スペース: 683台
    • 特徴: 冬季も営業
  4. 円山公園第二駐車場
    • 料金: 700円(全日)
    • 駐車スペース: 276台
    • 特徴: 普通車専用
  5. マルヤマクラス駐車場
    • 営業時間: 7:00~24:00
    • 料金: 20分毎に100円、1,000円以上の買い物で1時間30分無料、2,000円以上の買い物で3時間無料
    • 駐車スペース: 190台
  6. タイムズ宮ヶ丘
    • 徒歩時間: 神宮までの時間は不明
    • 料金: 300円(60分毎)、最大料金1,000円(24時間以内)
    • 駐車スペース: 27台
    • 営業時間: 8:00~20:00
  7. タイムズ大通西28第2
    • 徒歩時間: 神宮へ約12~13分
    • 料金: 200円(30分毎)、最大料金1,100円(24時間以内)
    • 駐車スペース: 9台
    • 営業時間: 24時間営業
  8. パラカ 札幌市大通西第1
    • 徒歩時間: 神宮への時間は不明
    • 料金: 300円(60分毎)、最大料金1,100円/1,000円(24時間以内)
    • 駐車スペース: 19台
    • 営業時間: 24時間営業
  9. カービススカイナー南1西28駐車場
    • 徒歩時間: 神宮まで約10分
    • 料金: 200円(30分毎)、夜100円(60分毎)、最大料金900円(24時間以内)
    • 駐車スペース: 15台
    • 特徴: 宮越屋珈琲本店利用で1時間無料
  10. ネクステップ北1西26パーキング
    • 徒歩時間: 神宮まで約15分
    • 料金: 300円(60分毎)、最大料金1,000円(12時間毎)
    • 駐車スペース: 12台
    • 営業時間: 24時間営業
  11. カービスパーク大通西27
    • 徒歩時間: 神宮まで約13分
    • 料金: 昼220円(30分毎)、夜110円(60分毎)、最大料金1,100円(12時間)
    • 駐車スペース: 35台
    • 営業時間: 8:00~20:00、20:00~8:00
  12. 三井のリパーク 北海道神宮前駐車場
    • 徒歩時間: 神宮に非常に近い
    • 料金: 300円(60分毎)、最大料金900円(24時間以内)、正月特別料金500円(30分毎)
    • 駐車スペース: 9台
    • 特徴: 正月期間は最大料金の適用がない場合あり
    • 営業時間: 24時間営業
  13. 三井のリパーク 札幌南2西28駐車場
    • 徒歩時間: 神宮まで約11分
    • 料金: 昼100円(20分毎)、夜100円(60分毎)、最大料金1,100円/500円
    • 駐車スペース: 6台
    • 特徴: 道が一方通行で、アクセスが少し難しい
    • 営業時間: 7:00~19:00、19:00~7:00​​​​​​​​​​​​​​​

最も近い北一条駐車場は初詣の時は数時間待ちになることも珍しくありません。

他の近隣駐車場もかなり混むことが予想されるため、

車で行く場合には余裕を持って早めに行くことをおすすめします。

料金や営業時間は変更になることもありますので事前にお確かめ下さい。

まとめ

「北海道神宮初詣2024: 混雑回避と出店&駐車場の完全ガイド!」では、

新年を迎える瞬間を、北海道神宮で過ごすための貴重な情報を提供しています。

この記事を通じて、混雑を避ける方法、楽しい屋台の情報、

そしてアクセスや駐車場の詳細について詳しくご紹介しました。

初詣のピーク時間は1月1日で、特に深夜0時から朝方にかけて、そして正午頃が最も混雑します。

混雑を避けるためには、午前中早い時間帯や夕方以降の参拝がおすすめです。

また、1月8日以降は比較的空いていますので、ゆっくりと参拝を楽しむことが可能です。

屋台に関しては、約50店舗が出店し、焼きそばやたこ焼きなどの定番から、

甘酒やフルーツ飴などの季節感あふれるメニューまで、さまざまな選択肢があります。

屋台の営業時間は12月31日22時から1月14日の夕方までとなっており、

年越しの夜は特別営業が行われます。

さらに、交通手段としては公共交通機関の利用が推奨されていますが、

車でのアクセスの場合、駐車場の情報も提供しています。

このガイドを活用すれば、2024年の北海道神宮初詣をより快適に、

そして充実したものにすることができるでしょう。

混雑を避け、屋台での美味しい食事と、安心のアクセス方法を知って、

新年のスタートを素晴らしいものにしましょう。

スポンサーリンク
イベント
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました