アロマディフューザーの隠れた危険!ペットが死亡?注意点を解説します!

スポンサーリンク
アロマディフューザーの隠れた危険!ペットが死亡?注意点を解説します! 気になる

この記事には広告が含まれています。

アロマディフューザーは、お部屋を快適な空間に変える人気のアイテムです。

しかし、ペットを飼っているご家庭ではアロマディフューザーの使用には特に注意が必要です。

この記事では犬や猫、小鳥やウサギなど異なるペットに対するアロマディフューザーの使用について解説します。

スポンサーリンク

アロマディフューザーとペットの死亡

アロマディフューザーの隠れた危険!ペットが死亡?注意点を解説します!

アロマディフューザーはお部屋に香りを拡散するアイテムで、気分転換や加湿にも効果があります。

ペットを飼っている方はニオイ消しや虫よけにアロマディフューザーを考えている人もいるでしょう。

しかし、アロマディフューザーはペットの健康に影響を及ぼす可能性もあるため、使用方法には注意が必要です。

特に、ペットがアロマの成分を誤って摂取した場合は重篤な健康問題を引き起こす可能性があります

ペットのニオイ対策とアロマディフューザー

ペットのニオイ対策としてアロマディフューザーを使用する場合、ペットにとって安全なエッセンシャルオイルを選ぶことが重要です。

また、アロマディフューザーは種類によって効果範囲が変わり、効果範囲の広いもので20畳程度、狭いもので6畳程度となります。

そのため、ペットがいる部屋の広さに合わせて適切なアロマディフューザーを選ぶことが求められます。

実はペットに危険なアロマディフューザー

アロマディフューザーは人間にとってはリラックス効果がある一方で、ペットにとっては危険を伴うことがあります。

特に、ペットは人間と異なりアロマの成分を代謝する能力が低いため、アロマの成分が体内に蓄積して健康を害する可能性があります。

特に猫や鳥の場合には死亡事故が起こったこともあります

ペットがいる家庭ではペットにとって安全なアロマを選び、適切な使用方法を守ることが重要です。

ペット種別:アロマディフューザーの成分について

アロマディフューザーの隠れた危険!ペットが死亡?注意点を解説します!

犬、猫、文鳥、インコ、ウサギなどのペットに対して安全な成分と、避けるべき成分について解説します。

犬に対するアロマディフューザー

犬にとって有害とされるエッセンシャルオイルには、ティーツリーオイル、ペパーミント、シナモン、クローブ、ユーカリ、グレープフルーツ、レモン、オレンジなどがあります。

これらの成分は、犬の皮膚や呼吸器系に刺激を与える可能性があります。

比較的安全なアロマディフューザーの成分としては、ラベンダーカモミールローズマリーなど、穏やかな効果のあるエッセンシャルオイルが推奨されます。

これらは犬のリラクゼーションに役立つとされていますが、使用する前にかならず獣医に相談して下さい。

また、犬によって好き嫌いもありますので離れたところから臭いをかがせて反応を見ましょう。

鼻先に精油の蓋を近づけてみて反応を見ましょう。

直接舐められないように20cm以上離して、いつでも遠ざけられるようにしましょう。

ニオイを嗅ぐような仕草を続けたり、近づいてこようとするのはニオイが好きな時です。

反対に嫌いな場合は2,3度ニオイを嗅ぐとそっぽを向いたり離れようとしたりします。

使用する際は人間向けよりも希釈することと、犬が直接舐めたり吸い込んだりしないよう注意が必要です。

猫に対するアロマディフューザー

猫にとって危険なアロマディフューザーの成分には、フェノール類、ケトン類、リモネン、ピネンが含まれます。

これらはタイム、シナモン、クローブ、オレガノ、バジル、ミント、ローズマリー、セージ、スペアミント、レモン、オレンジ、ユーカリなどのエッセンシャルオイルに多く含まれています。

これらの成分は猫にとって毒性が高く、肝臓での代謝が困難であるため使用を避けるべきです。

猫は肝臓の代謝能力が極めて低く、他の動物の1/6から1/10とも言われています。

さらにメス猫はオス猫よりも代謝能力が低いようです。

加えて猫の赤血球は他の動物よりも傷つきやすいため、中毒症状を発症しやすいと考えられています。

猫の皮膚は他の哺乳類と比べて非常に薄く、化学物質が吸収されやすいと言われています。

また、猫はきれい好きでよく毛づくろいをすることから体に付着した成分を舐め取ってしまう可能性が高いのです。

猫に関してはアロマディフューザーや虫よけの精油による死亡事故の例があります。

猫に安全なアロマディフューザーの成分はあまり明確にされていません。

猫に安全とされるエッセンシャルオイルも個体差や健康状態によっては反応が異なるため、使用前に獣医師に相談することが推奨されます。

猫と暮らす場合はアロマディフューザーは使わないほうが良さそうです。

文鳥、インコに対するアロマディフューザー

アロマディフューザーの隠れた危険!ペットが死亡?注意点を解説します!

文鳥やインコなどの小鳥にとって、アロマディフューザーは非常に危険です。

特に、ペットのインコがアロマで急死した事例がいくつか報告されています

小鳥は非常に敏感で、エッセンシャルオイルの成分が呼吸器系に悪影響を及ぼす可能性があります。

したがって、文鳥やインコがいる環境ではアロマディフューザーの使用を避けるべきです

ウサギに対するアロマディフューザー

ウサギに対するアロマディフューザーの使用も危険が多いようです。

ウサギも小鳥と同様に非常に敏感な動物であり、エッセンシャルオイルの成分が呼吸器系に悪影響を及ぼす可能性があるため、使用する際は極めて慎重に行う必要があります。

ペットの健康と安全を守るためには、アロマディフューザーの使用に際してはペットの種類や健康状態を考慮し、必要であれば獣医師に相談することが重要です。

ペットの事故・死亡を避けるアロマディフューザーの使用方法

安全なアロマディフューザーの選び方と使用方法について解説します。

無印良品をはじめとする安全なアロマディフューザー選び

ペットのいる家庭では、アロマディフューザーを選ぶ際に特に注意が必要です。

無印良品のような信頼できるブランドから提供されるアロマディフューザーは、シンプルで安全な使用が可能なモデルが多く、超音波式ディフューザーが特におすすめです。

このタイプは水を使用して香りを拡散させるため、火を使わずに済み、ペットにとってのリスクを最小限に抑えることができます。

しかし、すべてのアロマオイルがペットに安全なわけではないため、使用するオイルの成分を確認し、可能であれば獣医師に相談することが重要です。

ペットと一緒の部屋でのアロマディフューザーの使用法

ペットと共にアロマディフューザーを楽しむ場合、いくつかの注意点を守る必要があります。

まず、ディフューザーをペットの手の届かない場所に設置してください。

次に、ペットにとって安全なアロマオイルを選択し使用する際は適量を守ってください。

一般的にはディフューザーにオイルを数滴加えるだけで十分です。

さらに、部屋を定期的に換気しペットが苦手な香りでないことを確認することも大切です。

万が一ペットがアロマオイルに反応を示した場合は、直ちに使用を中止しましょう。

とにかく最初に獣医に相談したほうが良いでしょう。

ペットを飼っている方は自分の判断でアロマディフューザーを始めることは大変危険です。

アロマディフューザーとペットの死亡事故に関するまとめ

  • アロマディフューザーとペットの健康について:
  • アロマディフューザーは部屋に香りを広げ、気分転換や加湿に役立ちます。
  • ペットのいる家庭では、ペットの健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、使用に注意が必要です。
  • 特に、ペットがアロマの成分を誤って摂取した場合、重篤な健康問題を引き起こす可能性があります。
  • ペット種別の安全な成分と避けるべき成分:
  • : ティーツリーオイル、ペパーミント、シナモンなどは避けるべきです。ラベンダーやカモミールは安全とされていますが、使用前に獣医に相談してください。
  • : フェノール類、ケトン類、リモネン、ピネンが含まれるオイルは避けるべきです。猫はアロマディフューザーの使用が一般的に推奨されません。
  • 文鳥、インコ: アロマディフューザーは非常に危険とされ、使用を避けるべきです。
  • ウサギ: 敏感な動物であるため、アロマディフューザーの使用はおすすめされません。
  • ペットとの安全なアロマディフューザーの使用方法:
  • 無印良品のような信頼できるブランドの超音波式ディフューザーがおすすめです。
  • ディフューザーをペットの手の届かない場所に設置し、ペットにとって安全なアロマオイルを選んでください。
  • 使用前に獣医師に相談し、ペットがオイルに反応を示した場合は直ちに使用を中止してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました