犬ぞりがやってみたい!北海道で犬ぞり体験ができる施設を調べて比較してみたよ。

スポンサーリンク
犬ぞりがやってみたい!北海道で犬ぞり体験ができる施設を調べて比較してみたよ。 遊び

北海道の真っ白な雪原を犬ぞりで駆け抜けてみたい。

一生懸命頑張った犬たちにご褒美をあげながらヨシヨシして癒やされたい。

こんな想像をしたことはありませんか?

冬の北海道で犬ぞりの体験をしてみたい、でもどの施設がいいのか分からない…。

そんなあなたにおすすめの北海道の犬ぞり施設を比較してみました。

スポンサーリンク

犬ぞりとは?

犬ぞりの歴史について解説します。

犬ぞりの歴史

犬ぞりはおおよそ4000年前から、アラスカなどの寒冷地域で狩りや荷物、

人間の運搬に利用されていました。

犬ぞりは人々が寒冷地の厳しい条件下で生き抜くために、犬たちの走力と体力を活かして、

人々の生活を支える役割を果たしてきました。

北極圏では、これが唯一の移動手段であった時代もあり、

古くからの伝統的な風習として根付いていました。

第一次世界大戦では、アラスカン・マラミュートなどがフランス軍に参加し、

食糧供給や負傷兵の搬送などに奮闘しました。

日本での犬ぞりの歴史

日本の犬ぞりの歴史は意外と古く、南極地域観測隊のそり犬で生還した

樺太犬のタロとジロが有名です。

北海道の帯広・十勝地方や網走・北見地方、本州の群馬みなかみなどで、

犬ぞり体験が行われ、これは珍しさとともに貴重な文化体験となっています。

日本でも犬ぞりは冬の風物詩として親しまれるようになってきました。

現在の日本の犬ぞり

現在では日本でもいくつかの「犬ぞりレース」が開催されています。

また、北海道や群馬みなかみなどでは、犬ぞり体験が観光客に

人気のアクティビティとして浸透しています。

特に水上高原スキーリゾートなどでは、本格的な犬ぞり体験が可能であり、

冬の楽しみや感動を提供しています。

犬ぞりの犬について

犬ぞりの基礎知識についてまとめてみました。

犬ぞりに使われる犬の種類

シベリアンハスキー:寒冷地に適した犬種であり、その美しい風貌も人気です。

アラスカンマラミュート:力強い肉体と寒冷地への適応能力を備え、犬ぞりに最適な犬種です。

グリーンランドドッグ:極寒の地で活躍する犬種で、信頼性と力強さが魅力です。

ノルウェジアン・エルクハウンドグレー:寒冷地における活動に最適な犬種で、

  その優れた適応力が評価されています。

ニューファンドランド:水の中での活動にも優れ、寒冷地での犬ぞりに使用される犬種です。

犬ぞりの犬のポジション

犬ぞりの犬のポジションはリーダードッグ、スイングドッグ、ホイールドッグなどに分かれています。

リーダードッグ(先導犬):そりを正確に導くために賢くて信頼性のある犬が選ばれ、

 先頭を引きます。

スイングドッグ(中間犬):リーダードッグとホイールドッグの間に位置し、

 方向転換の際にリーダードッグの指示を受けて動く犬です。

ホイールドッグ(最後尾の犬):そりを制御するための力を持ち、チーム全体の安定性を保ちます。

犬ぞりで犬に出す命令

犬ぞりの隊列を操作するために出す命令には以下のようなものがあります。

Gee(ジー):右折の指示

Haw(ホー):左折の指示

On By:他の犬や誘惑に反応せずに進むようにする指示

Whoa:停止の指示

Let’s Go:出発の指示

これらの命令によって、犬ぞりの運転手は安全に犬たちを操り、

適切な方向や速度を維持することができます。

北海道で犬ぞり体験ができる施設の比較

北海道で、実際に「犬ぞり体験」ができる施設と、

「コース」「料金」「特徴」などについてまとめました。

1. アウトライダー ~北海道紋別郡~

住所: 北海道紋別郡遠軽町白滝上支湧別235
電話: 0158-48-2911
HP: アウトライダー
所要時間: 4時間(レクチャー込)
料金: 一人22,500円(税込)

備考: 「1DAYアドベンチャーコース」では、3~4頭引きの犬ぞりを自ら操縦し、遠軽町・白滝高原を駆け抜けます。また、「ウィンターサファリコース」では、キャンプの個人装備を積んだ2~4頭引きの犬ぞりを自ら操縦し、なだらかな雪原コースや林間コースを楽しむことができます。

2. マッシングワークス ~北海道河東郡~

住所: 北海道河東郡鹿追町瓜幕西30線25
電話: 080-3232-8119
HP: マッシングワークス
所要時間: 12キロコース2時間 / 6キロコース1時間
料金: 一人40,000円~(人数・コースにより異なる。細かい設定あり)

備考: 「半日プラン」では、1台の犬ぞりに2名が乗り込み、途中交代しながら走ります。また、「独り占めプラン」では、4~6頭引きの犬ぞりを一人で操縦し、疾走感を楽しむことができます。

3. 北海道アドベンチャーツアーズ ~北海道空知郡~

住所: 北海道空知郡南富良野町北落合308-6
電話: 0167-39-7810
HP: 北海道アドベンチャーツアーズ
所要時間: 8km20~45分
料金: そり1台2名様35,000円 / そり1台3名様40,000円

備考: 子供でも楽しめる2時間の「フレンドリーコース」から、7~10頭の犬達と2人乗りそりで駆け抜ける3時間の「ソラプチコース」、アップダウンの丘陵地や林道を駆け抜ける4時間の「アドベンチャーコース」など多彩なプランが用意されています。

4. ルスツリゾート ~北海道虻田郡~

住所: 北海道虻田郡留寿都村字泉川13
電話: 0136-46-3111
HP: ルスツリゾート
料金 (税込): 1名 4,400円 / 2名 6,050円
年齢条件: こども 4歳以上
営業時間: 10:00 ~ 14:30
体験時間: 15分 ~ 20分

備考: 体験時間は講習を含めて15分程度と短いが、特設コースを走りながら、流れゆく景色を楽しむことができます。子供にはインストラクターが同乗します。

5. ムーンライトレディース ~北海道上川郡~

住所: 北海道上川郡鷹栖町19線16号1番地
電話: 0166-87-3999
HP: ムーンライトレディース
所要時間: 約2時間(レクチャーなど含む)
料金: 1名様で参加:2万3000円、2名グループ(1名様料金):1万7000円、3名グループ(1名様料金):1万4000円、4名グループ(1名様料金):1万2000円

備考: 冬場以外は農作業に使われる道を、「フラットトレール」として走り抜けます。天気がよい日には、大雪山連峰や十勝岳連峰を屏風のように見渡せる景勝地です。

6. 追分犬ぞりクラブ ハスキー&シェパード

住所: 北海道勇払郡安平町追分緑が丘155
電話: 0145-29-7044
HP: 追分犬ぞりクラブ ハスキー&シェパード
所要時間: 2時間
料金: 千歳泉郷コース2時間 そり1台¥28000(税込)(4名まで乗り回し可)

備考: 新千歳空港から一番近い犬ぞり体験です。犬ぞり先導車に乗って、体験中の撮影ができます。野鳥との出会いも楽しみ♪JR千歳駅から南千歳まで往復送迎あり。新千歳空港近くで手軽にアクセス!人と犬のふれあいで、北海道での特別な冬を堪能していただきます。

所要時間に関しては、犬ぞりで走る時間だけを書いているものと、

レクチャーや犬との触れ合いや餌やり体験の時間を含んでいるものがあったので、

参考程度にして下さい。

料金に関してもコースや何人で乗るかによってかなり異なるところもあります。

詳しくはホームページを見て下さい。

まとめ

それぞれの施設では、犬ぞりについて学びながら、雪原を駆け抜ける冒険が待っています。


犬ぞりの隊列や犬ぞりに出す命令も体験でき、犬たちとのふれあいも楽しめます。

特に注意が必要なのは、料金や所要時間が施設によって異なること。

事前に確認して、理想の犬ぞり体験を楽しんでください。

北海道の特別な冬を、犬ぞりの魅力と共に満喫しましょう

スポンサーリンク
遊び
スポンサーリンク
シェアする
北の魔人をフォローする
北の魔人の北海道暮らし
タイトルとURLをコピーしました